「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# FX上達のヒント トレードの守破離

この前のコラムではトレードで勝てるようになるための道のりを話しました。
その続きをお話ししましょう。


よく物事の習得の様を表現するのに「守破離」という言葉が日本では良く使われます。


まずは師匠の言いつけ通りの型を「守」る。
型を身に着けたら、より自分の性質や考えに合った型を作り、その型を「破」る。
そして、最後は型からも「離れ」て、自在になることができる。

という意味です。


ウィキペディアでは、

 

    守:支援のもとに作業を遂行できる(半人前)。 〜 自律的に作業を遂行できる(1人前)。
    破:作業を分析し改善・改良できる(1.5人前)。
    離:新たな知識(技術)を開発できる(創造者)。

 

という説明がされています。

トレードもこれと同様に、守破離があります。

 

 


「守」

 

基本を守ること。

 

特にリスク管理。次にテクニカル指標を使ったエントリー。
エントリー後の対応(撤退・継続)とトレードの終了(損切、利食い)。

リスク管理、相場分析、エントリー、イクジット。
この一連の基本を押さえることが「守」でしょう。

 

私が思うに、この段階すらままならないトレーダーが8割を占めていると考えます。
なお「守」ができれば、トレードは継続できますが、
安定して勝てる優れたトレーダーではまだありません。

 

テニスにたとえたら、

サーブ、フォアスイング、バックスイング、ボレーの基本技術は使えるようになって、
とりあえず「試合」ができるようにはなったという段階です。
ただ、それで相手に勝てるかどうかはまた別の話です。

 


「破」

 

トレードの一連の流れ、基本を押さえると、

 

「これは、こうしたほうがいいんじゃないか」
「こうしたほうが自分のライフスタイルにあっている」
「このテクニカルのほうが自分は使いやすい」

 

という自分なりの工夫が生まれるようになります。
それを活かせるようになってくれば、稼ぎの量も増えるでしょう。

 

テニスにたとえたら、

「こうスイングしたほうが速く振れるんじゃないか?」や、
「このサーブを出して相手を動かしたら、次はこう打てばいいんじゃないか?」
というような発想が「破」です。

 

知らない夜道を歩くときは、誰かの後をついていかなければなりません。
でも、やがて夜目が効くようになって、
少しづつ周りの風景が見えてきたような段階でしょう。

 

ただ、自分の工夫を取り入れていくときには、リスクがあります。
トライ&エラーの作業になります。

先人の型から離れるときには、リスクがあります。失敗は避けられません。
やってみたけど、うまくいかないことも多々あるはずです。

 

別の道を見つけたけど、いってみたら行き止まりであったことも多いでしょう。
しかし、その中でうまくいったことも得られるはずです。
もっといい道を見つけられることがあり、その成功が自分の財産になるのです。


 

「離」

 

トレードにおいて「離」の段階とは、独特の段階になります。
優れたトレーダーは皆「離」の段階に到達しています。

 

「破」の過程において、工夫を取り入れて、自己改善・進化を繰り返してきた
トレーダーの考えやスキルは、すべて「オリジナル」になります。

そしてオリジナルの強みというのは、誰にもマネができないということです。

 

錦織の打法をマネすることができるでしょうか?
あのエアKと呼ばれる、飛び上がって打つ打法なんて、初心者がマネしたらコーチに
「なにかっこつけてんだ!そんなことしたら隙ができて次の球が打てないぞ」と叱責されるでしょう。
そして、マネしたところで、それはモノになるものではありません。
それは小柄な錦織自身が強い球を打つために工夫(破)を重ねた末に
編み出した自分専用の技であるからです。

 

なので、優れたトレーダーは「離」の段階に到達していますが、
こうした人に教えてもらっても、多くの人はまるで分らず、ポカーンとしてしまいます。

凄腕トレーダーにトレードを見せてもらっても素人目にはなぜそんな判断をするのかわからず、
ただ、感覚だけで適当にやっているようにしか見えません。でも、なぜか稼ぎはついてきている。
そんな感じでしょう。

 

 

 

・・・というようにスキルの習得段階は、確かに「守破離」の過程で進むのですが、
言うは易し行うは難しというものです。

 

たいていは「守」ができずにすぐに諦めてしまうのが大半。
トレードでいえば、リスク管理、特に損切ができなくなって挫折します。
「守」を実現するのも石の上にも三年といったところでしょう。


「守」から先を実践するのは、もっと容易ではないです。

特に日本人の場合、私もそうですが30代半ば以降の方々は、

画一的な詰め込み教育を受けてきました。

あの時代はとにかく人が多くて個人の発想、個性を活かそうという教育ではなかったでしょう。
そんなことをやっていたら効率的な指導なんてできなかったのです。

 

だから、「ルールを守ることが大事」という教育方針が第一であったはずです。

その弊害として「自発性」が失われました。

 

会社では言われたことしかできない、指示待ちマニュアル人間がたくさんいるといわれます。
一を聞いて十のことはできない。一しかできない。
「自分の頭で考えろ、仕事は自分で作るものだ」と上司に言われても、
何をしていいのかまったくわからない。

 

なぜ、そうなってしまうのかといえば、それは深層心理に潜在的な枷があるから。
学校教育でルールを踏み外してはいけないと、あらゆる局面で教えられてきたからです。

 

それにルールから踏み出す次段階の「破」には、リスクがあるのです。
自然とトライ&エラーにならざるをえず、痛い思いもしなければなりません。

だから、ほとんどの人は保身を考えて踏み出すことはないのです。

 

 

一方、起業家には学生時代にやんちゃをしていた方が少なくありません。

学校のルールを多少踏み越えて、自分がやりたいようにやってきた人は、
ルールから抜け出し、既存のレールから外れることで痛い思いをたくさんしているでしょう。

でも、最終的には大物になっているケースがよくあります。

 

決められたレールなんて、走らない。第一そこは渋滞している。
自分専用のレールを作って、その上を走ればいい。それなら誰も追ってはこない。

 

そんな常識外の発想が「離」に到達するには必要なのだと思います。
こうした考えをけしからんと思うようなら、

そういった教育を受けてきた証でもあるし、特にトレーダーには向いていません。

プロトレーダーは、みな節操がありません。ウォール街を見ていてもわかるでしょう?

金儲けの為ならなんでもやる人たちの集まりです。

 

話をトレードの上達法に戻すと、まず「守」から。

「守」ができれば、あまり大きくは勝てないですが、負けなくなります。
具体的には減りもしないが増えもしないような状況になります。
ここで稼げないと嘆く方が多いのですが、むしろ喜ばしい状況です。

この状態になったら「守」はできてきたということですから。

 

次に師の教えから踏みでて、自分なりのスタイルに合わせたトレード法を
コツコツと作る「破」にチャレンジしましょう。
自分なりの工夫を取り入れる段階では、損失もあるでしょう。
しかし、その失敗から得たことを吸収することで、少し稼げるようになってきます。
「離」はその「破」を続けた先にあります。


※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 13:34 | category: FX上達のヒント(コラム) |
# テクニカル解説049 閑散した相場のときは手を出さない。仕掛けどころを探す。

この記事を書いているのは12月23日13:00時頃です。USD/JPY相場は前々記事から想定した形で動いていき、そして停滞しました。例年、クリスマスシーズンは相場は動きませんね。週明け26日から動くと思いますが、一旦調整的な下落になると考えています。しかし週半ばくらいでもう一度盛り返すような値動きはあるでしょう。なぜ、そう考えられるか4時間足だけで解説します。

 

USD/JPY 4時間足

4時間足は高値で停滞しています。RSIはまだギリギリ50%上ですが、MAはデッドクロスしました。4時間足のトレーダーとしたら、この段階で買いはもう終わりです。利食いするべきでしょう。このあとは三角持合いを抜けて下に垂れ出しているので、図のルートで落ちてきやすいです。というのも、年末に向けて利食いして年を終えようと思う人もたくさんいるからです。

 

しかし、この上の日足チャートがまだまだ元気なので、急落するたびに買い支えはあるでしょう。4時間足としてまた買うポイントは、2度目の急落地点、図の赤い矢印の辺りで狙います。一度目の急落は、すぐに回復する可能性は低く、ここから落ちると上がったところでまた売ろうとする勢力が出るため、たいてい急落というのは2回起こります。いわゆるダブルボトムを形成するわけです。急落が2回終わると、たいていはそこからジワジワ上がってくる流れになります。その再上昇が来週の半ば以降にあるのではないか?と考えます。

 

自分が買い手側なら、現状で利食い。そしてまたRSI30%まで落ちたら拾っておこうか、それまではお休みだ。これくらいのゆるい考えでいいのです。これが一番手堅いでしょう。会社も休みになったので、年末に向けてデイトレードもやりたいなのなら、崩れてきたところは売りを仕掛けていくことになりますが、売りはあくまで短期決戦。本命は落ちたところでの買い戻しでしょう。

 

なお、今はクリスマスで相場が閑散としているので、デイトレードには不向きです。年スパンで見ると、停滞する時期というのはいくつかあり、クリスマスは一番動かない場面です。このように相場が閑散する時間帯、というのは、もちろんデイトレードでもありますよね。ニューヨーク市場が落ち着いたあと、日本時間の深夜4時くらいから早朝7時くらいの間は閑散としやすいのです。相場が閑散する日や時間帯は手を出さないのが鉄則です。

 

特に閑散とする時間帯をFX業者がご丁寧に知らせてくることがあります。よくFX業者の説明では「相場の参加者が少なくなるので流動性がなくなり、値が動きやすいので注意してください」といってきます。おそらくみなさんの元にもクリスマス週の閑散相場の注意が業者からメールで知らされているはずです。

 

私が思うに、閑散した相場はそんなに急変動はしません。しかし、業者にとっては閑散相場は不都合が多いのです。相場の流動性がなくなると、スプレッドが開くのですね。そして、業者によっては「脆弱な時間帯」というのが存在します。特にカバー先が少ないような業者だと、たとえば閑散とする時間に突然スプレッドが数倍に拡大することになるのです。すると、顧客のストップラインに引っかかって強制的に損切になります。特にマイナーな通貨は要注意です。いつもはスプレッド3pipsくらいだったのに、なぜか突然それが20pipsくらいになって強制的に損切になり、そしていま見ると元に戻っている・・・ なんていうことが起こります。これは業者としても客からクレームがくるし、コンプライアンスも守れません。他の業者よりも離れた値になっていたら「ウチのシステムは弱いです」と逆宣伝しているようなものです。だから閑散とした相場のときは顧客にやって欲しくないのが実情でしょう。業者としてはスプレッドが開きすぎてどうしょうもないときは、お休みにするしかありません。だからクリスマス時期はお休みの所も多いはずです。

 

というわけで業者から「相場の変動に注意してください」というメールが来たら、注意しましょう。それは相場の急変に注意するというよりも、業者のシステムリスクに注意するということです。ご注意してくださいメールには「当社のシステムが弱いため、流動性がなくなるとスプレッドが拡大するから、お客様が損してしまいます」という意味が含まれているのです。業者にとっては自社のシステムの弱さをさらけ出すことになるので、そういう暗部を客に見せたくはないのですね。だからそんなメールが業者から届いたときは、トレードしないほうがいいでしょう。

 

話が脱線しましたが、まとめると、これから2円ほど落ちるような気配がありますが、落ちたところでは買い場になるはずです。それまで様子見ということです。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 


※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 

| - | - | 13:39 | category: テクニカル解説 |
# テクニカル解説048 上昇トレンド中に+2σに到達したのなら、利食いが最善

この記事を書いているのは12月16日の2時30分頃です。USD/JPYは上昇が続き、簡単な相場になっています。

 

USD/JPY 日足

USD/JPYの日足は想定していた+2σに到達しました。ここまでくると120円が視野に入ってきますが、+2σに触れているところから新規で買うのはよくありません。115円あたりからロングしていたのなら、これだけ上がれば十分すぎますから利食いが最善でしょう。買いたければまたピンク線まで落ちてきたときに拾って1円くらいの上がりを狙うか、あるいは120円近くに来た時に売るかしたほうが優位性があります。利食いをして、また116円台くらいにロング注文を置いておくようにするのが良いです。

 

よくある欲張りな失敗は、この急騰でさらに買い増しをしてしまい、そのあと急落するというパターン。急騰したときにはどんどん買い増ししたくなりますが、買い増ししたくなったときがだいたい利食いのポイントでもあります。欲が出て買い増ししたくなったら、利食いして、1円くらい下にロング注文を置いて待ったほうが良い結果になることがほとんどでしょう。

 

まとめるとこのチャートはひとまずここまで。ロングは利食い。ここから116円台くらいまで売りを入れる手もありますが、勢いがあるので下がらないようならすぐ逃げること。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 


※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 

| - | - | 02:59 | category: テクニカル解説 |
# テクニカル解説047 ジリジリと高値を更新していくチャートは買うしかない

12月18日日曜日の昼にメルマガを発行します。FX始めたばかりのかたは必見の内容ですからご参考にしてください。

 

この記事を書いているのは12月13日(火曜日)10:30頃です。USD/JPYは上昇トレンドが続き、昨日は116円にタッチしました。今朝方はまた115円を割れるような荒い値動きにはなっていますが、日足レベルとしてはまだ上昇トレンドが続いています。今日は日足だけでポイントを解説します。

 

USD/JPY 日足

 

日足のチャートは大統領選挙の日から上昇が続く形になりました。私はaからは売っていましたが、bの陽線で盛り返されたところで買わざるを得ない展開になりました。私もb後は短期トレードも押し目買いを中心にしています。週足レベルではもうひと伸び急騰したところで売りたいチャートなのですが、日足としては、b後は買える余地がまだあるでしょう。

 

前回解説したように、+2σが内側にカールしていない状態で、ピンク線に乗っている。このときは上昇トレンドが継続中です。つまり売ってはいけないということです。売りたければ、+2σにタッチした瞬間に売るか、またはピンク線を割ったら売ることです。今の値幅なら200pipsくらいはストンと落ちるでしょう。

 

ただ、このチャートはやや長い目で見れば、まだしばらく上昇トレンドは続きそうです。+2σで叩かれてもまたピンク線に拾われるだろうし、ピンク線を割れても茶色線に拾われて急反発するでしょう。

 

すでに毎年恒例のことになっていますが、12月相場は上がる傾向が強いです。クリスマスの週は相場が動きませんが、その前後で急騰していく展開はあるでしょう。そして、これも毎年恒例なのですが、年明けの1月半ばくらいからは急落することが多いのです。120円近くまで上がって、年明け後はそこから3か月くらいでまた10円くらい落ちる・・・そんな値動きを考えています。

 

それは他のトレーダーも考えているでしょう。ほかのトレーダーたちも「こんなにどんどん上昇していくのは明らかにおかしいのだが、崩れるのがわかっていても、今はその勢いには乗るしかない」という考えでやっているでしょう。上昇が続く限りは買ってきますが、ものすごい派手に急騰すれば(たとえば3円くらい一日で上がる)、そこで利食いするのが当たり前だし、なかなか上がらなくなって日足のピンクの線を割れれば、やはりそろって買い手が逃げて利食いするからガクンと下がります。そのタイミングを良く見極めることです。

 

で、その値動きを逆手にとって、派手に急騰したときは利食いが出るから売れるのだし、ピンクの線を割ったときもやはり利食いが出るから売りの余地ができるのです。買いと売りは表裏一体。値動きの裏の人間心理を良く読んでアプローチしましょう。

 

まとめると、まだ日足としては上げそうな形で、明日のFOMCを前に拍車がかかって上げていく可能性が高いと考えています。短期でも押し目買い中心でいきます。

 

ちょっと1時間でもよくあるチャートになってきたので追記を書いておきます。

 

USD/JPY 1時間足

1時間足は急落からまた押し目を拾う人が出て来てやや盛り返してきたところです。こういうチャートはよく見かけるでしょう。a前までは売りが優勢だったのですが、a後は一転して買いが優勢になりやすいのです。テクニカルとしては茶色線が水平だと抵抗力が薄いので、すり抜けやすい。また、ピンクの線に陽線が完全に乗ってくると、次のタイミングで反発しやすい。ちょっとRSI50%が今は壁にはなっていますが、これを超えると吹き上がりやすい。まあ、茶色線やRSI50%から売ろうと考えることもできるのですが、乱高下している中での売りはもともと不利ですし、日足が堅い上昇トレンドですから、ここは買い目線でいくべきでしょう。

 

となると、このチャートはまた116円を付けるような値動きになりやすいと考えられます。そのあとでまた少し下がるでしょう。なぜ、下がるかといえば、昨日の夜に高値で買って損切できずに困っていた人がやれやれと売るからです。だから少し下がるのですね。そのあとでなかなか下がらなくなると、値動きが安定してきたなと、まるで地震が収まった後の心理のように、安心してドッと買いが出るから上がるようになるのです。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 


※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 

| - | - | 10:44 | category: テクニカル解説 |
# テクニカル解説046 売ったあとに下がらなくなったら、撤退して次に仕掛けるポイントを探す

この記事を書いているのは12月7日(水)の18:30頃です。

 

先月末からしぶとい値動きが続いて、USD/JPY相場は113円台でなかなか下がらない形になりました。月曜日はやや下げたのですが、そのあとしぶとい展開になってしまったため、週足レベルで持っていた売りポジションは一旦損切をしました。また仕掛けどころを探していきたいと思います。週足から見ていきましょう。

 

USD/JPY 週足

週足はボリンジャーバンドを手掛かりにаから売りましたが、そのあと勢いが収まらずに陽線が連続して出てきたので、損切をしました。5分足でもこういう展開はよくあるのですが、aでカウンターで売るのは良いです。たいていはピンク線まで下がってくれるので。しかし、下がらずにジリ上がりされたら、損切して仕掛け直す必要があります。

 

次の仕掛けのポイントしては、かつてのダブルトップのネックラインだった、bまで進んだ辺りで売るか、あるいはcまで急落したときに買うかです。週足レベルの判断としては現状から買うことはしません。すでにRSI70%に近づいていて高くなりすぎてしまったところがあるので、ここから買うのはリスクが高いのです。買いたいのなら短期トレード。下の足で買えるタイミングを見ます。

 

USD/JPY 4時間足

4時間足はRSI50%がサポートラインになり、そこに支えられて盛り返している展開になっています。aの場面で割れそうな形になったのですが、ギリギリで持ちこたえて跳ね返しました。このことから底は堅くなり、もうひと伸びありそうな展開になりました。ボリンジャーバンドも収縮しているので、今夜くらいにグーンと伸びる展開もありそうです。買い手としては、茶色の線やRSI50%を根拠に買っていくのですが、RSI70%に来た時は、買い手が利食いするために売りがくるので、そのタイミングではやはり利食いでしょう。RSI70%までくると、1円くらいは落ちる展開にもなりますから、ここからの買い手はあまり粘れません。勢いが出て来たら半日ほどポジションを持って、上がったらすぐに利食いするのを心掛けることになります。

 

まとめるともうひと伸びありそうな展開になりましたが、大きな足からはその急騰を待って叩きたい。反対に小さな足からは115円台に乗ってくるような展開になりそうなので、勢いが出てきたときに短期で買いたいというチャートになっています。

 

日足書き忘れていたので追記しておきます。

 

USD/JPY日足

ピンクの線に支えられて高値でもみ合いが続くと、+2σまで空間ができます。このとき+2σの線がまだ内側にカールするように向いていないのならば、上昇トレンドが継続中と判断することができます。この状態で吹き上がると、+2σに触れるまで一気に相場が動きやすくなるのです。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 


※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 

| - | - | 18:37 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ