「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 4月21日時点での各通貨の日足の傾向 | main | フィボナッチ・タイムゾーンを使って時間的な推移を見る >>
# 市場の本質はくだらないマネーゲームと思った方が無難

長い間コラムを書いてなかったのですが、ぼちぼち書こうと思います。

各通貨の動向予測については前回記事で書いた通りです。5月は危ないかなと思っています。

 

 

 

最近の私の考え。

 

長年FXをやっていると、市場は高尚なものではなくて、マネーゲームに近いものだと思っています。

 

 

 

今日もNHKのニュースでは

「コロナに有効なワクチンの開発に市場が好感して上がっている」

といっていましたが、そんなのただの憶測の後付けなのです。

(ただの憶測が公共放送機関でさも真実のように報道されるのが非常に不可思議なのですが・・・)

 

だいたい売買した人、ひとりひとりに

「どうしてあなたは買ったのですか?」とインタビューして

そのデータをまとめて分析しないと、真実はわからない。

そして、どうして買ったのか実際にトレーダーに問いただせば

「なんか上がってきたので買いました」というような

馬鹿馬鹿しい中身のない意見が大勢を占めると思うのです。

 

だとすると、経済分析の必要性など疑問にしか思えません。

マスコミではパリッとしたスーツを着たアナリストの方が出て解説をするのですが、

市場で勝つにはラフなスタイルのゲーマーのような方のほうが適任ではないかと思うのです。

市況番組にはそんなFXトレーダーの方が

ラフなシャツとジーパンのスタイルで出演して、テクニカル分析をして、

買いポイントや撤退ポイントなどを解説したほうがふさわしい気がします。

 

 

などと前置きが長くなりましたが、

さきほどオージー円が2020年4月30日0:00に70.00をつけていました。

本当に仕組まれたように月末日にキッチリとポイントまで進むものです。

 

そもそもオージー円は先月60.00をタッチしたところで急反転。

そこからは経済動向を無視したままリバウンドで跳ね上がり、

4月末日のフィックスキッカリに70.00に到達。

ここからはまた60円目掛けて往復反転していくんだろうな・・・と

市場の節操のなさ、馬鹿馬鹿しさに呆れもします。

 

ちなみにこの日足、今はボリジャーバンド+2σですから、アドバンスドホーミングFXのルールでは手法Bのリバーサル狙いで売りです。(MAがクロスしたあとにボリンジャータッチしたならそこで逆張りというルール。これ以上上がるなら上昇トレンド転換ですが、いまはまだ乱高下の範疇です)

 

 

ちなみにこれは一時間足ですが。

 

 

ただ、70.00をつけたいだけで上がっていった感アリアリです。

もちろん70.00というわかりやすいプライスには、

ロングの利食いが置かれているわけで、ヒットしたらそのため急落するというわけでもあります。

時間足レベルのトレーダーでも日足レベルでのスイングトレーダーも

このプライスは注目されていたわけですから。

そりゃ、みんな利食いますよね。様子を見ている人なら70.00から戻り売りです。

 

というわけで、今日も明日も変わらず、市場の本質はマネーゲーム。

買い手、売り手、様子見の単純な損得勘定で動いていきます。

 

ただ通貨全体は依然として下落方向。

もともとの川の流れに合致したとき、その流れは早くなるわけで、GW相場は荒れそうです。

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 01:35 | category: FX上達のヒント(コラム) |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ