「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 10月15日17時時点でのUSD/JPY相場展望[売り] | main |
# 10月20日時点でのUSD/JPY相場展望[売り]

先週は後半からUSD/JPYの勢いがなくなってくる展開になりました。週足や日足の考えは前回記事と同じですので、4時間足だけ見ておきます。

 

4時間足

4時間足は白線のラインがトレンドラインとなって、上がってきました。移動平均線も似たようなところに走っています。注目すべきはaのロウソクです。aではピンクの線を割り込む陰線がでました。そして茶色の線が勢いを失って水平になってきています。茶色の線がまだ勢いよく右肩上がりであれば、再上昇していくのですが、aで割れたときはすでに勢いを失い水平方向になってきています。このとき、RSIも注目してください。茶色の線が水平になるとRSIも下落傾向になり、いわゆるダイバージェンスが起こります。チャートは上がり気味なのにRSIは下がる形になると、次のタイミングで移動平均線のデッドクロスが起こって急落しやすいのですね。

 

したがって、デッドクロスが起こったbからは、まずdのような推移を想定して売りを考えていきます。ただ、急落したときにボリンジャーバンドの-2σに当たって盛り返し、移動平均線に乗り直すと、割れた白線のトレンドラインの裏に触るようにジリ上がりしていって、ダブルトップの形も考えられます。まずは売りで入って下がったら利食い。ジリ上がりされるようなら逃げて、またボリンジャーバンド+2σから売りをしかけていくのが戦略です。

 

また、先週からポンドが非常に値動きが大きくなり注目されています。明日のGBP/JPYは開始からかなり売り込まれそうですが、トレードするのであれば、レバレッジを落として長い目で見るか、あるいは1分足だけ使って細かくトレードしていくかでしょうか。特に値動きが大きくなったときは、1分足(あるいは5分足)のMAのゴールデンクロスで買い、デッドクロスで売りという単純なトレードが功を奏します。ただ、現状のGBP/JPYは、一瞬で20pipsくらいは動くので、こうなるとあっという間にストップorリミットにかかるし、値が飛んだときは拡大したスプレッドが上乗せされてしまうので、あまり値幅の狭すぎるスキャルピングは難しいところですね。参戦するのならばレバレッジを落として1分足〜5分足を使い利食い50pips、損切50pips以内で、主に売り方向でやる感じでしょうか。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 19:43 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ