「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 6月26日20時時点でのUSD/JPY相場展望[売り] | main | 7月18日15:00時点でのUSD/JPY相場展望[売り] >>
# 7月10日 14時時点でのUSD/JPY相場展望 [売り]

前回記事からだいぶ間隔が開いてしまいましたが、USD/JPYは米雇用統計がサプライズで良かったことで、やや上がる展開になっています。日足から見てみましょう。

 

USD/JPY 日足

日足はずっと下降トレンドでしたが、aの場面で米雇用統計がかなり良い内容で発表されたため、トレンドラインやRSI50%を上に抜く展開になりました。こうなると、ゴールデンクロスに続いていくので、一時的に上がる展開になります。ただ、ゴールデンクロスした瞬間(つまり現在)は、このテクニカル設定ではボリンジャーバンド+2σが壁になるので、いったんはここで売られる展開になりやすいです。結局は、図のようなレンジ展開になっていきそうだと考えています。ここからさらに上がるにはもう一本強い陽線が出て、今すぼまっているボリンジャーバンドが、つぼみが開くような形になっていかなければならないでしょう。

 

USD/JPY 4時間足

USD/JPYの4時間足はaの米雇用統計を迎えるまでは軟調な展開でした。aで強い陽線が出たことで、上がってはいますが、MAが交差しながら進んでいるので、不安定な上昇トレンドです。さっとトレンドラインを引くと、白線の部分がサポートにはなるでしょう。現在はピンクの線には乗っていますが、不安定なトレンドは長続きしません。買いたいのならば、RSI50%付近(それが白線のところですが)、そこまで待ってから買うべきです。とはいえ、押し目で買ってもせいぜい30pips程度しか取れそうもありません。白線を割れると、107円中盤くらいまで下がってレンジで動かなくなりそうです。

 

まとめると、米雇用統計の影響で一時的に上がってはいるものの、上値は重くレンジ展開になりそうです。現状からは高値なので、USD/JPYは売りが優位と考えますが、107円台になると下値も堅いと考えます。為替相場全体はドル買いには傾いています。円よりややドルが強いというだけで、そのほかの通貨はドルより弱い。となると、USD/JPYはレンジ気味、ストレートは下落気味、クロス円はやや下落気味に推移していくと考えます。USD/JPYが高値張り付きのときは、USD/JPY売りよりかは、ドルストレートやクロス円売りのほうが旨味があるかなとは思います。

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 14:24 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ