「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 5月22日0:00時点でのUSD/JPY相場展望[売り] | main | 6月1日時点でのUSD/JPY相場展望[売り] >>
# 5月27日10:30時点でのUSD/JPY相場展望[様子見] 

USD/JPYの展開ですが、前回記事では想定した通りに事が運びまして、ここは楽に利益を上げることができました。4時間足でトレードポイントを振り返ってみましょう。

 

4時間足

aのポイントは前回記事で書いた売りポイントです。RSIの70%に来たから戻り売り。その後は売り手は楽な展開が続きました。bはピンク線を割れたので、ここも弱くなるポイント。ここで売っても良いです。ただし、bで売るときはピンクの線を上に抜いたらすぐ損切で逃げること。ピンクの線が下に向いてきて、茶色の線が水平になってくると、茶色の線はレジスタンスが弱くなります。だから急落につながります。これは動画でも解説しています。

 

急落後のd地点では、-2σに触れて、売り手の利食いが出るので、少し買い戻されます。まあここで買ってもいいでしょう。しかし、その後、半日経ても上がらずジリ下がりしてきた時点で逃げるべきです。現状はジリ下がりで、RSI30%を突いたとはいえ、なかなか買いにくいポイントです。eのサポートライン接点まで待ってから買うべきでしょう。その後は割れる展開2割と、戻す展開8割を考えていきます。こういうチャートは、結局は割れて下がっていく可能性が高いですが、その前に揉み合う段階を経るものです。したがって、eからは茶色線の辺りまで戻ってくることを考慮し、売るのならfくらいからを狙います。eを割れて急落する展開がきたら? そのときは短期で売りでトレール注文などを駆使して追っていくだけです。

 

まとめると、月末までに109.00まで押し込まれる展開はありそうです。しかし、そのあとは雇用統計もありますし、期待買いで少し戻す可能性もあるでしょう。短期ならば109円まで売り、そこからは買い。じっくりとチャンスを待つのならば、雇用統計がらみで110.00まで上がってきたところで売りでしょう。

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 10:42 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ