「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< トレードで勝つためのリアルな本質 | main | 4月30日14時時点でのUSD/JPY相場展望[売り] >>
# 4月17日11:00時点でのUSD/JPY相場展望[売り]

USD/JPY相場なのですが、長い間、111.80〜112.00の間で、非常に狭い範囲で膠着しています。今までの値動きを日足から振り返ります。

 

日足

日足は一旦109円台に入ったところで盛り返しレンジの様相を呈しています。ここから上に進めば上昇トレンド化しそうですが、112円のレジスタンスラインに跳ね返されるとまた軟調な展開が続くことになります。上昇トレンドに発展していくには、ボリンジャーバンドがすぼまっていく形がないと、飛び出る力が弱いので難しいでしょう。今の直近20本程度のボリンジャーバンドはおおむね平行に動いています。平行に動いていると、すなわちそのバンド幅がレンジ幅になりやすいのです。現状は+2σ接点ですから、売りのポイントではあります。ただし、ピンクの線に今は支えられていますね。ここから先は+2σの抵抗が強いか、もしくはピンクの線の支持が強いかを注目していく必要があります。ピンクの線を割れると、+2σの抵抗が優ったことになり、-2σまで急落していく展開になっていくでしょう。

 

また、チャートパターンとして、図のような左右対称のダブルトップが2つ合体したような形が浮き出ています。これは天井でよく見るパターンなのです。aの位置はダブルトップになり、急落しました。しかし、そこから粘ってV字回復をしました。bではまたもみあいになり、bの部分は局地的なダブルトップになりつつあります。もし、このまま下落していくと、黄色線で描いたような左右対称のパターンが出来上がります。これは以前書いた「相場観マスターブック」のP59の「ダブルトップのフラクタル形」で解説しているパターンです。大小のダブルトップが組み合わさり、その結果幾何学的な図形が浮かび上がるのですね。そういうとオカルトに聞こえるかもしれませんが、往々にしてトレーダーの合理的な判断が積み重なった結果、幾何学的な図形が浮き上がるものです。たとえば今なら112.00がレジスタンスラインとして意識されているのだから、ここで売りを選択するのは合理的でしょう。そのような判断の積み重ねの結果、チャートが幾何学的な図形となっていくのでしょう。

 

 

4時間足

4時間足は直近40時間ぐらいわずか20pips程度の範囲で膠着しています。こうなってしまうとトレードはお手上げなのですが、先ほど、112円を抜こうとしたところで被せるように陰線が入りました。今はまだピンク線に支えられているので強いですが、RSIの形がよくありません。ずっと天井張り付きになっています。上昇トレンドならずっと天井張り付きで、上がって行く展開になるのですが、これは天井張り付きで膠着が続いています。その場合は上昇トレンドとはみなしません。ですから天井から買うのはよくないです。むしろ、売りポイントでしょう。ここで売るのは112円の最終防衛ラインを手掛かりにできるので、吹き上がったときはすぐ切る判断ができます。

 

まとめると、膠着状態が続いていますが、中期的に見ればレンジ展開であり、そのスパンみれば売り検討といったところです。ただし、112円にしっかり乗って来たときは売れなくなります。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 11:09 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ