「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3月24日時点でのUSD/JPY相場展望[売り] | main | 4月8日10:00時点でのUSD/JPY相場展望[売り] >>
# 3月29日11:00時点でのUSD/JPY相場展望[売り]

USD/JPYは月末に差し掛かって乱高下する展開になっています。4時間足だけチェックしておきます。

 

4時間足

 

前回記事で想定したように、110.00のラインは底堅く、反発展開になりました。aの位置は直近の天底にフィボナッチを引いて50%戻しですから、売りでいいでしょう(相場状況の進捗により、前回の記事より、直近の天底にフィボナッチを引き直して再検討しています)。ただ、下がったあとに盛り返しているので、aで売った場合は下がったときに損切をエントリーしたところより下に詰めて利食いにすることはできたでしょう。昨夜の急反発は、aからの売り手は少しの利食いで手仕舞いで終われたはずです。

 

現状のbはフィボナッチの61%まで戻ってきているので、再び戻り売り検討になります。ボリンジャーバンドの+2σもレジスタンスラインと見なすことができます。まずはここから売って良いでしょう。ただし、なかなか下がらずにジリ上がりになると、このチャートは行って来いの展開になり、112円まで進む可能性もあります。体感的にはそうなるのは20%くらいの可能性でしょうか。概ね図の黄色のルートのように再下落になっていくと考えます。

 

まとめると戻り売りのポイントにあります。上がった場合は損切を早く、下がった場合は利食いを粘りたいものです。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 11:01 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ