「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 12月5日時点でのUSD/JPYの中期展望[売り] | main | 12月26日 13:30時点でのUSD/JPY相場展望[売り] >>
# 12月18日0:30時点でのUSD/JPY相場展望[売り]

USD/JPY相場は停滞が続いていましたが、またクロス円を含めて今夜から崩れ出しています。中期的な予想は前回記事で書いた通りですが、4時間足の規模で今週の展開を予測していきます。

 

USD/JPY

4時間足は乱高下が続いています。日足が弱いので、4時間足も売り側から入りたいところ。流れを振り返ると難しいポイントもありました。aの場面では、ショートは良いでしょう。ただ、RSI50%とピンクの線を超えると、ゴールデンクロスにつながって、短期的に吹き上がる展開(ショートカバー)が起きます。ですから、aで売りから入っていたらRSI50%を超えたら一旦撤退しておくべきです。

 

そのあとはゴールデンクロスしていくのですが、このテクニカル設定においては、ゴールデンクロスをする直前が一番大きく上がります。あとはそれほど上がりません。ですからクロスしたあとから買うのはもう遅いわけです。とはいえ売りから入るのもゴールデンクロス後の勢いがあるので難しい。少なくともピンク線に支えられている間は堅調になるので、売りたいのなら、茶色の線が水平になってきて、ピンクの線が下に傾いてきてからです。bの位置では茶色線を下回りまた崩れ落ちたところで、ここもデッドクロスする直前が大きく動くわけです。

 

現在はデッドクロスの瞬間で、もう少し下押しが入ると思いますが、RSI30%ではリバウンドも起こるでしょう。ただ、またもみあってから売りが重ねられていくように思います。

 

まとめると113.00付近の現在では売りが優位。112.00は直近のサポートですから、短期で売るならここがターゲット。割れると急落していく可能性があります。112.00の攻防がクリスマス前後であると考えています。年末は荒れそうな雰囲気です。

 

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 00:47 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ