「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 9月10日13:00時点でのUSD/JPYの展望 [売り] | main | 9月28日 11:30時点でのUSD/JPY相場の展望 [売り] >>
# 9月15日7:00時点でのUSD/JPY展望 [様子見]

USD/JPYは今週後半にやや上げてきましたが、まだ不鮮明なレンジの範疇にあります。

 

日足

日足はボリンジャーバンドの+2σ接点にあります。やや飛び出してきたのでaのような急騰はありえるわけですが、全体的に不明瞭なレンジですから、折り返しで失速も十分あり得ます。この状態からの仕掛けどころとしては、急騰した場合はaは前回高値だし、RSI70%に到達するのでここからの売りは優位でしょう。現状から買うのはどうか? あまり買いたくはありません。この上の週足も不明瞭なレンジですし、むしろ仕掛けるとしたらまだ売りかと思います。ただ積極的に売り買いしたいチャートではありません。

 

4時間足

 

4時間足の仕掛けどころを振り返ります。前回チャートからは一段高の形になりました。aではボリンジャーバンド+2σの壁を意識して売りは良いです。狙うところでしょう。ただ、bで茶色線に支えられました。支えられた時点で少々の利食いで逃げる手段もありますが、私ならまだ持つとこです。茶色線が平行になっているのでサポート力は弱いままだからです。しかしながら、そのあとはcでピンク線の上に復帰してきて大きな陽線が出ました。aで売り仕掛けしたあとはbまで落ちているわけですから、ここで損切ラインを下げて損を失くす判断はやっておきます。その後、cの突き上げで損切ラインにかかり、ここは思惑通り下げ切らずにプラマイゼロで仕切り直しという感じです。

 

・・・というように、トレードはこんな感じで状況が悪くなったらすぐ撤退して仕切り直していくわけです。そもそも撤退ラインにかかるということは予想とは違う動きになったということです。「弱くなりそうだから売ってみたら、あららいつの間にか上がっていた!どうしよう!」というのは、トレードではないのですね。状況が変わり出したら仕切り直していく。また次の仕掛けどころを考える。その作業の永遠の繰り返しです。ちなみにcの突き上げでRSI70%にタッチしましたが、そこから売るのはどうか? 売ってもいいでしょう。実際に陰線が出てやや停滞しています。しかし、ピンクの線に支えられだした現状で、やはりプラマイゼロで撤退して仕切り直すべきです。

 

さて、仕切り直しですが、cから買うのは難しいです。まあデイトレなら買いなのですが、4時間足ではまだ買える状況ではありません。赤線のレジスタンスを上に抜いているので、このあとピンクの線に支えられてジリジリ上がるのなら、また吹き上がりを考えて買い検討はしますが、反対にピンクの線を割れてきてまたサポートとなった赤線を割れてきたら、再度売り検討になるでしょう。

 

まとめるとUSD/JPYはまだ全体的にレンジを脱し切れていません。上値が重くなり出したらまた売り検討したい場面です。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 07:45 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ