「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 8月30日11:30時点でのUSD/JPY展望 [売り] | main | 9月15日7:00時点でのUSD/JPY展望 [様子見] >>
# 9月10日13:00時点でのUSD/JPYの展望 [売り]

USD/JPYは雇用統計が終わって停滞しています。以前として上値は重い印象があります。

 

通貨全体の傾向ですが、ドルと円は2強で強く、ついでポンドとユーロが強い状態です。弱いのは何かというと、オージーやニュージーランドです。ですので、ドルストレートやクロス円は下がりやすい傾向があり、特にAUD/USDやAUD/JPYなどは、強く下がりやすい傾向にあります。USD/JPYはどうかというと、ドルも円も強いわけですから、レンジ状態です。ただ、若干円が強いと感じています。

 

日足

日足はレンジが続いています。先月後半より下がってきているので、上値が重い印象があります。今は-2σに支えられています。このボリンジャーバンドの2σ線を超えてくると大きく動き始めるでしょう。年末に向けて大きな動きがあると考えています。一旦は下側かなと思いますが、レンジ直後に強い動きが出たあとは、しばらく大荒れになるので要注意です。

 

4時間足

4時間足は前回解説記事はaの位置で、売りの頃合いと書きました。ここは想定した形で急落をして、bでは-2σタッチで一旦盛り返していますが、aの位置がレジスタンスラインとなったことで、cでまた叩かれています。+2σがあるのでやはり重いところです。そこからまた急落していますが、要はレンジ相場ということです。dではRSIが30%に来たので買い戻されました。

 

さて、現状はその買戻しも一息ついたところで、上値が重くなってきたところです。とはいってもレンジ相場の傾向ですから、もう一段高はあるでしょう。しかし、全体として上値は重い印象なので、上がったところでまた売りがかぶされてしまいます。こういう相場での狙いどころはまた高値に来た時に売るのが最善。まあ、あまり反発はせずにジリジリ落ちていくのではないか・・・と思っています。そうしたジリ下がりが来た時は、4時間足では仕掛けにくく。1時間足以下で下降トレンドを半日くらいのスパンで捕まえにいくといったところでしょう。

 

まとめるとUSD/JPYの上値は重い印象。突発的に強い陽線が出てくるようなら別ですが、現状ではジリ下がり傾向にあるので、方向性としては売り目線でしょう。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 13:12 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ