「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< FX上達のヒント 相場は「急転」するものだと考えて常に対応していく | main | 9月10日13:00時点でのUSD/JPYの展望 [売り] >>
# 8月30日11:30時点でのUSD/JPY展望 [売り]

USD/JPYの動向ですが、もみ合いの相場が続いています。今朝方そろそろ下がりそうな気配がありました。

 

日足

日足は図の○で囲んだところのデッドクロスの影響が続いています。一旦下がりましたが、-2σ付近で粘って揺り戻しが起きました。現状は+2σ接点でまた下方向の揺り戻しが起こりやすい場面です。デッドクロスが起こると、たいていは初動は下落し、-2σ付近で一旦反発をして、また上がったところで売りがぶり返しやすくなります。この上の週足が上昇トレンドであれば、ここのチャートは売りではなく買いなのですが、月足も週足もレンジのようなもみあいですから、揺り戻しが起こりやすいと判断して、売りを検討していきます。

 

4時間足

4時間足のポイントを振り返ります。aの場面では茶色線が下向きから水平になり、ゴールデンクロスが起きました。aの前の場面では売り選択でよいのですが、a時点で売りは手仕舞いします。全体的には売り目線で良いのですが、aの状態になったら一旦吹き上がりがくるので、それが収まってから売り仕掛けをするのが得策です。a時点でドテンして買いに変えるのは、デイトレレベルでしたらよいでしょう。bの時点ではRSI70%に到達したので売り狙いはいいでしょう。しかし、なかなか下がらない時間が長くなり、cの場面で茶色線に支えられたところでb辺りからの売りは、やはり手仕舞いです。cからの買いは良いでしょう。現状は急騰した場面ですが、再びRSI70%に到達したので、買い手は手仕舞いし、また売り狙いという所です。

 

まとめると、USD/JPYは乱高下の相場です。最近は粘り強く展開していますが、今日あたりから崩れるのではと考えています。再び売り仕掛けでいきます。

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 11:37 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ