「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< テクニカル解説125 USD/JPYはもみあいながら下がる展開 | main | FX上達のヒント 相場は「急転」するものだと考えて常に対応していく >>
# 8月17日(金)16:00時点でのUSD/JPY展望 [売り]

本記事以降、記事を書いている時間はタイトルに示す事にいたしました。

 

USD/JPYは想定内の値動きで、弱含みでずっと推移しています。これからもしばらく弱いままでしょう。

 

4時間足

4時間足は110円近辺まで下げたあとに急回復しましたが、ボリンジャーバンド+2σにぶつかってまた売り込まれています。今は持合いのレンジになっています。チャートから感じるのは、丸で囲んだところに重い空気があることです。このチャートは中央から左はずっと売り込まれていましたから、多少上がったとしても、ロングで塩漬けになった人たちがポジションを解消していくわけなので、売りが強まってくるのはわかります。となると、黄色のルートで次第に弱まっていきそうです。この状況からはトレードするのは難しいところです。1週間くらいのやや長いスパンで売り続けないと利益が出にくいと思います。

 

1時間足

1時間足もレンジで、かなり小動きの状況。MAもボリンジャーバンドも蛇行しています。不安定なレンジ相場でしょう。このチャートから仕掛けるタイミングはありません。ただ、1時間足がこのような拮抗状態のときは、5分足レベルでRSIで逆張りしていけば20pips程度を狙うことはできるでしょう。やるとしたら5分足レベルでのデイトレでしょうか。

 

今日は週末でまた弱まりそうな気配はありますが、夕方から夜にかけて売って、その日のうちに利食いという感じでしょうか。それかスイング前提で長く持つかでしょう。

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 

| - | - | 16:11 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ