「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< テクニカル解説124 USD/JPYの解説を再開いたします | main |
# テクニカル解説125 USD/JPYはもみあいながら下がる展開

この記事を書いているのは8月9日(木)の15時頃です。

 

USD/JPYは前回記事で想定した形で、次第に崩れてきました。今後も弱くなりそうだと考えています。

 

4時間足

4時間足は、白いバンド内でもみ合いしながら下降していると考えます。基本は売りからですが、下の赤線がサポートラインですから、aから売るのはよくありませんね。aから買うのはどうかというと、サポートラインではあるのですが、RSIはまだ売られ過ぎに到達していないので、もみあった後に急落する可能性が高いと考えます。数時間のデイトレレベルならaから買いはいいのですが、4時間足レベルならば、bくらいから売りたいところですし、ピンクの線が抵抗になっている限りは弱いままです。

 

1時間足

1時間足は不安定な下降トレンドです。現状は茶色の線やRSI50%にきているので、aルートを期待して売りを入れてもいいでしょう。しかし、茶色線を上に抜けると急に吹き上がる展開になりやすいです。ですから、aで売る時は茶色線を超え出したらすぐ撤退して、b(ボリンジャーバンド+2やRSIの買われ過ぎ)で売り直すというように対応します。

 

まとめると、今日は午前中に急落したので、そのリバウンドが現在起こっています。今夜位までは短期レベルでは上がるかもしれないですが、また落ち着いてくると売りがかぶされてくるでしょう。

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 

| - | - | 15:08 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ