「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< FX上達のヒント 「頭と尻尾はくれてやれ」を本当にわかっている人は少ない | main | テクニカル解説117 ゆっくりとした下落展開で考えたいこと >>
# テクニカル解説116 底値圏でのもみあいでの立ち回り方

この記事を書いているのは、3月12日(月)の11時20分頃です。

 

USD/JPY相場は短期的に上げる展開となりました。ただ、これは毎月恒例のパターンで、雇用統計まで買いが入りやすく、入ったあとに売られるというアノマリーな展開でしょう。また毎月半ばは売られやすいのですが、先月は2月で日数が少なかったことと雇用統計の発表が9日と遅かったことから、月頭から月中まで売られやすいパターンがズレ込み、3月は現状まで買いの流れが続いていると考えています。短期的に上下しているだけであって、日足以上のUSD/JPY売りの流れはまだ変わっていません。4時間足から見ていきましょう。

 

 

USD/JPY 4時間足

4時間足はaの前で白線が示す三角持合いになりました。売っていたときはこの三角もみ合いになったら逃げたほうがいいでしょう。また、三角もみ合いを上に抜いたところで、RSI50%を抜き、MAがゴールデンクロスしてしまってますし、当日雇用統計があってそこまでの期待買いが入っているのは明らかなのですから、売りは損切して退出しなければなりません。つまり、売り手がここで損切をする(買い戻す)から、一時的に吹き上がるわけでもあるのです。売っていたら一旦逃げて「強くなってきたのでRSI70%までふきあがってきたところで売ろう」と考えればよいでしょう。また高値から売り直せると考えればいいのです。

 

一方買い手はどうか。4時間足からは買いにくいです。ゴールデンクロス後からすぐには買えません。結果的に上がってはいますが、雇用統計で瞬間的に吹き上がっているようなものなので、大イベント前の事前には買いにくいでしょう。そして吹き上がった現状は、RSI70%に到達して、逃げていた売り手が戻ってきているし、またこのチャート画面左側でつかまっていた買い手がやれやれとポジションを整理(売る)から、上値が重くなります。そもそもこの上の日足は下降トレンドですから、ここからの買いは遅いでしょう。

 

USD/JPY 1時間足

1時間足のポイントも見ていきましょう。aでゴールデンクロスをしたことで売り手は不利になったので、売っていてこういう形になったら一旦逃げて、また仕掛けどころを探しましょう。また買っていたのならば、aでクロスしたことでしばらくは買いが継続するから粘っていいところです。bはボリンジャーバンドの+2σにぶつかったので売られています。bから売りもいいでしょう。ただ、bから売ったときは茶色の線を注目してください。ここに支えられると高値更新するので、cの場面のように強めの陽線が出たら微益で逃げるべきです。そのあとdでは2つのMAが上向きになり、落ちなくなっています。こうなると最後は吹き上がってフィナーレするようなチャートに8割方なりますから、1時間足以下なら値が固まってきたcやdからの短期買いを検討していいでしょう。ただ、このケースは、雇用統計で吹き上がっているので、実際は事前に買うのは難しいところです。大きなイベント前は様子見が前提です。その後は吹き上がりましたが、頭打ちになり、先ほどeで大きな陰線が出ています。これが出た時点で買い手は利食いでしょう。多くの買い手が利食いするから下がっていくということでもあります。また、ロウソク60本以上はトレンドは続きにくい。1分足なら60分。5分足なら5時間。1時間足なら2日半くらい続けばもうそれ以上続くのは難しいものです。

 

まとめると、雇用統計で上がった次の週は売られやすい展開が続きます。オカルト的にそういうわけではなくて、短期の買いが利食い(売る)、上で捕まっている買い手がポジション整理(売る)から下がるのです。現状はまた売りを仕掛けるタイミングですが、106円前後ではもみあいになりそうな雰囲気はあります。それは底から上がってきたので、ある程度下がると買い支えはあるだろうからです。とはいえ、全体的な大きな流れの中では、まだ売りの流れでしょう。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 

| - | - | 11:18 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ