「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< テクニカル解説102 雇用統計あとの次の週からは売りが出やすいので注意すること | main | FX上達のヒント 人づきあいの距離感がわかる人は、トレードも上手いだろう >>
# テクニカル解説103 デッドクロスが起こってから売るのはワンテンポ遅いし、またワンテンポ早くもある。

この記事を書いているのは12月15日(金)の12時頃です。

 

USD/JPYは前回記事で考えた通り、再び112円前半まで軟化してきました。この辺りはサポートなので、今後は112円〜113円のレンジになっていくと考えています。

 

USD/JPY 4時間足

4時間足から解説します。前回書いた通りRSIの70%からは伸びが鈍化して、茶色線を割ったあとは下げ足を強めていきました。現在はMAがデッドクロスをしています。このテクニカル設定ですと、デットクロスしたあとから売るのは「遅い」ことがほとんどです。デッドクロスしたあとはたいていボリンジャーバンドの−2σやRSI30%にタッチするわけですから、売り手はそこで利食いしようと思いますし(買う)、様子見は買ってくるものです。ですから現状の位置でリバウンドになることが多いのですね。赤い線がサポートラインですから、112.00付近は簡単には割れてはいかないと思います。一度、黄色のルートのような吹き上がりがあってから、下がっていくものだと考えておくのがいいでしょう。

 

USD/JPY 1時間足

1時間足は完全な下降トレンドです。1時間足と5分足の組み合わせなら、アドバンスドホーミングFXでいうところの手法4状態ですから、簡単に取れた場面だったでしょう。今は上の4時間足のRSI30%が近いし、サポートラインも引ける場面ですから、ここから売っていくのは欲張りすぎといったところでしょう。このあと底値が固くなってくると、反発に転じやすいですから、売りたいのならその反発を待って、また113円近くになってからカウンターで売るのがよいでしょう。そのあとは112円〜113円の狭いレンジになるのではないか・・・と考えています。

 

まとめると112.00付近はサポートですから、売り手は利食い。短期なら買いもアリ。また売りたいのならば113円近くから50pipsくらいを狙う・・・という感じです。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 


※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 

| - | - | 12:15 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ