「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< テクニカル解説099 急落後は続けて売るのはいけない。反発を想定しておきたい。 | main | テクニカル解説101 長い間ジリ上がりしていたチャートでの、売りは長続きしない。押し目を狙う。 >>
# テクニカル解説100 底値から反発してきたら不用意に売らない。素直に買う。

この記事を書いているのは11月30日(木)の14時30分頃です。USD/JPYは112円付近まで回復してきました。今後の動向を考えていきます。

 

日足

日足は現在のロウソクが、ピンクの線を超えてきました。この段階で跳ね上がる可能性が出てきています。昨日の夜の時点ではまだピンクの線に抑えられていたので、売りが強かったわけですが、ここを超えてくると、売り手は撤退の頃合いです。このままピンクの線に支えられてくると、茶色の線まで進んでから叩かれるaルートが考えられます。ただ、現状は茶色の線が水平になってきているので、抵抗力は弱まっているでしょう。また、このチャート全体的に見ると中央までは右肩上がりであったので、買い遅れた日足レベルの様子見勢にとっては、今のポイントは押し目でもあるのです。

 

私の考えは、この辺りで一旦リバウンドがありそうだと見ています。茶色線を抜けるとさらに急上昇してbルートも考えられそうですから、今日は月末で上がりやすい状態ですし、雇用統計前までは伸びていく展開になるかもしれません。とはいえ、日足としては伸びたところで大きな叩きがあるでしょう。やはり上のほうで逃げ遅れた買い手がいるのですから、ある程度上がれば彼らが買ポジションを整理して売るのは必然ですから。

 

4時間足

4時間足はガクンと落ちたところで、まるで囲みましたがRSIの30%に達しました。ここから反発の流れになっています。反発の流れがさらに強まったのはaの地点。ここで茶色の線を抜いたことで、ゴールデンクロスの流れになりました。次のbの陽線の発生は予測が可能でしょう。bの陽線が出れば、いままで慎重に様子を見ていた人も、勢いが出てきたと感じて買い戻してきますし、上から売りをしていた人は撤退しようと利食いする(買う)わけで、上がっていくことになります。

 

現状は左の○囲みの部分から横にレジスタンスラインを引けるので、抵抗線ですが、このまま上値を更新していく可能性もあります。伸びてきたら不用意に売らないことです。

 

まとめると、USD/JPYはしばらく反発が続きそうな形であるでしょう。その流れが続いている間はむやみには売らないことです。売りたいのなら大きなイベントが終了してから。具体的には雇用統計が終わってからなどを狙うべきでしょう。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 


※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 

 

 

| - | - | 14:37 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ