「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< テクニカル解説097 チャートが崩れ出したときは、機を見て売る。 | main | テクニカル解説099 急落後は続けて売るのはいけない。反発を想定しておきたい。 >>
# テクニカル解説098 底値からの売りは厳禁。三角持合いを考えてから売る。

この記事を書いているのは11月20日(月)の13時40分頃です。

 

前回記事で想定した形で、USD/JPYは下落してきました。今後はどうなるでしょうか?

日足は茶色線やRSI50%を割れたので急落しました。想定通りです。で、急落したところで-2σのポイントに当たっています。またここは直近の底値なのでサポートラインです。売りで稼いでいる人はどう考えるでしょうか? 「サポートラインまで来たから利食いしよう」と考えるのが当たり前です(つまり買う)。様子を見ている人はどうでしょうか? 「サポートまで来たから買ってみよう」と考えるのがやはり当たり前です(つまり買う)。よって反発が少し生まれそうな場所なのです。

 

しかし、反発が起こった場合はどうなるでしょうか? このチャートは高値で買ったまま損切できずに取り残されているトレーダーがたくさんいるわけです。ですから、ある程度戻れば彼らは買いポジションを整理する(つまり売る)わけで、また下がってきます。よって、黄色のルートが想定されるということです。

 

全体的には少し反発しそうな場面なのですが、強く買いたいという所でもありません。まあ短期なら少し買って反発を狙ってみようかなという所で、112円を明確に割れてくるようならさっさと買い手は逃げるべきでしょう。ただ、その場合もRSI30%まで急落すればさすがに反発はあるでしょうから、買いでいくなら、今から買って、落ちたら逃げてまたRSI30%で買って見るという感じです。売りでいくなら? 売りは今からは遅すぎます。4時間足レベルで反発を待ってから売りたいものです。

 

4時間足は底値です。まだ反発の兆候が見られないのでここからは買いにくいですが、このような底値から売るというのもまた良くありません。今は様子見の時です。買でいくのならピンク線を抜けてきてから50pipsくらいの小リバウンドを狙って買う感じでしょう。売りでいきたいのなら、図のような三角持合いを想定してください。よくある失敗が、パソコンを開いたときにこのように落ちているチャートであったら、急いで売ってしまうという失敗です。たいてい図のような反発や三角持合いになって、長いこと売りは苦しむ形になりがちなのです。パソコンを開けた時にすでに下がっていたら、まずは様子見。そして戻ってきたところから売ってください。

 

まとめると、多少の反発は考えられそうな場面ですが、おそらく反発が起こったとしてせいぜい1円規模で、1日くらいの反発期間でしょう。そのあとはまた売りが被せられる展開になりそうです。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 


※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 

 

 

| - | - | 13:56 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ