「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< FX上達のヒント 「エントリーし損ねた時の悔しさを克服するには?」 | main | テクニカル解説098 底値からの売りは厳禁。三角持合いを考えてから売る。 >>
# テクニカル解説097 チャートが崩れ出したときは、機を見て売る。

この記事を書いているのは、11月16日(木)の12時20分頃です。

 

また間隔が空いてしまいましたが、USD/JPY相場については前回記事で想定したルートで進んでいます。やはり11月上旬は停滞して上値の重い展開になりました。今後はどうでしょうか?

 

USD/JPY 日足

 

日足は前回解説したようにレジスタンスに止められて反落し始めました。RSI50%を割り込んでいるので、ここから崩れそうな形です。なぜ、崩れそうだといえるのかといえば、テクニカルとしては、いま述べたように上昇トレンド気味だったところからRSI50%を割り込んだことで展開が変わってきた感があること。また、茶色線を見ればいままで上向きだったのが、時間が経って角度がなくなり水平になってきました。アドバンスドホーミングFXでは、茶色線が水平になってRSI50%を割り込むと、トレンド転換が起こるサインです。今まで上昇展開でしたが、ここからは下落気味に推移しそうな感があります。

 

また、トレーダー心理としては、このチャート上がっていたから、これまでは買い手が多かったわけですね。特に雇用統計あたりで買ってきた人は、USD/JPYは上がると思って買って、長い間停滞してやきもきしながら持たされ続けているわけです。で、そんなときに下がってきたとなれば、これはだめだ上がらないと、買いポジションを整理する(損切する。つまり売る)わけですから、下がってきます。画面中央より左の底値で買っていた人も、「雲行きが怪しくなってきた」と思って買いポジションを利食いする(つまり売る)わけですから、下落が加速することになるのですね。まあ、こうして書いて見れば当たり前のことですが、テクニカルというのはオカルトでもなんでもなくて、こうした人間心理の機微を描画して、人間心理の転換点でちゃんとサインを出しているものだと考えておくと相場が読めるようになってきます。

 

それで、茶色の線やRSI50%を割り込んできたところからは、前述したように買うことはできません。かといって、売るのも難しい場面なのですね。売るとしたら、このあと一段の下落があったくらいで、さっと利食いしないと、また反発に飲まれてしまうでしょう。具体的には1円くらい落ちていったらそこで利食いしてまた上がってくるのを待ち、戻り売りを検討するという二段構えで売ることです。

 

4時間足

4時間足はズルズルと落ちてきました。画面中央でMAがクロスしてからは、茶色線を超えてくるような展開にはならずに下降トレンドになっています。ただ、RSI30%に到達したので、ここで4時間足レベルの売り手は利食い(つまり買う)してくるわけで反発が生まれて、今は多少戻していますね。とはいえピンクの線に叩かれているので、まだ全体としては弱い傾向が続くでしょう。

 

ただ、このチャートは綺麗な下降トレンドというわけでもありません。けっこうジグザグしていてレンジ気味なんですね。そうしたチャートは単純に順張りしても、上手くいかないことが多いです。たとえば今はピンク線の接点ではあるのですが、ここから売るのは時期尚早といった感じなんです。一旦は押されそうですが、図のようなルートで粘り強く持ち直す展開も考えられます。パソコンを開いたときにこんな形のチャートなら、まあ今から売るのも間違いではないのですが(その場合はガクッと落ちたらさくっと利食い。反対にピンク線を抜かれたらさっさと逃げること)、半日くらい様子を見て上がってきたところで売る方が無難です。たとえば、今夜のニューヨーク市場が一段落して、買い手がいなくなったあとから売るとか、そういった市場の潮が引くタイミングで売ればいいでしょう。

 

まとめると、週末から来週にかけては弱い展開が続くのではと考えます。5分足などを使うデイトレは、大きなリバウンド(5分足上でRSI70%くらいまで上がる)のを待ってから売ればよさそうです。

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 


※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 

 

 

| - | - | 12:36 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ