「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< FX上達のヒント 先のクイズのプレイヤーごとのエントリー位置 | main | FX上達のヒント 「エントリーし損ねた時の悔しさを克服するには?」 >>
# テクニカル解説096 高値圏で停滞しているときは反落に注意する

この記事を書いているのは10月30日の12時頃です。前回記事から間隔が空いてしまいましたが、USD/JPYの値動きを振り返っていきます。

 

USD/JPY 日足

前回記事はaの押し目の場面でした。白い山なりの抵抗線=ピンクの線が重しになっていて、押し目ではありますが、あまり積極的に買いたくはないと書きました。しかし、その後は粘り強く推移してbで強い陽線が出たことで抵抗線をブレイクし、弾みで一段高という結果になっています。

 

デイトレではbのブレイクが出たあとは強いトレンドになってきましたから、買い中心で良いのですが、日足としてはどうでしょうか? たしかにbの場面で買うのはいいでしょう。抜けたピンク線や茶色の線の下に損切を置いておけば、リスクは少ないですし、上がった現在は、損切ラインをエントリーした位置まで上げておけばもう負けはありません。

 

ただ、このチャートは見てわかるように画面左端のピークのところが大きな抵抗線です。日足レベルでのレジスタンスですから、簡単には抜けていかないでしょう。なので、日足としては、bから買っているのならここは利食いしておきたいですね。今から買うのは遅いと言えます。

 

USD/JPY 4時間足

4時間足も振り返りましょう。aの前は弱い展開でズルズル下がっていました。前回記事でダイバージェンスについて書きました。ダイバージェンスが出たらRSI50%をよく見てください。ここを割り込むようになるとRSI30%までズルズルの下がりが続きます。ただし、RSI30%地点で粘り強くなり、aのような直前の陰線の3倍くらいはある跳ね返りの陽線が出たら、底値圏からの反発を示唆するのでそこからの売りは危険です。

 

a前に売っていたとしたら、aのような陽線が出た時点で「売りはここまで」と判断してポジションをクローズします。そのときは微損や微益になっていることが多いですが、引き分けと考えて手仕舞いしたほうがいいでしょう。ただ、a直後にすぐに買うのは、前回コラムの「不注意なトレーダー」です。4時間足レベルで買うのなら様子を見ていきましょう。bでさらに上値を伸ばしたことで、しばらく上がりそうな気配が強くなりましたから、その押し目のcで買うのがベストでしょう。茶色線に支えられたことでしばらく上がることがよくわかる場面です。

 

その後はこのチャートも再びダイバージェンスが出ています。白い線で示しましたが、チャートは上がっているのに、RSIが下がっている。これは頭打ちになっているということです。d前に大きく下がって、dで押し目が入って少し上がりましたが、買い手はここで「もう上がりが弱くなっている」と考えて利食いがベターでしょう。RSI50%を割り込むと、RSI30%まで急落しやすくなります。今日は少し売りが強まりそうな気配ですが、またRSI30%に来たときはaのような陽線発生に注意が必要です。

 

まとめると、現在の相場は順張りは難しいでしょう。下がるときは早い速度で下がるし、上がるときはゆっくりですが、さほど伸びていきません。利食い幅は少なめにしてキッチリ利食いしていかないと獲りっぱぐれることが多いです。今後は雇用統計を挟むのでまた荒れそうですが、11月上旬は上値が重い展開になりそうだと考えています。買いたくはないですね。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 


※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 12:24 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ