「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< テクニカル解説095 ピークアウトした相場で買ってはいけない | main | FX上達のヒント 「宝の山を取りに行くゲーム 回答編」 >>
# FX上達のヒント 「宝の山を取りに行くゲーム」

 

これは私が考えたクイズです。暇つぶしにどうぞ。

 


あるゲームに参加するために100名が広場に集まりました。

 

広場の200メートル先に金銀財宝が積まれているのが見えます。


司会が「草原の向こうに宝が見えます! 時価数億円もする財宝の数々です」

 

「取りに行きたい人はいますか? 挙手願います」といいます。


これはどうやら草原の向こうにある宝の山を取りに行くゲームらしい。

 

 

さて、あなたならどうしますか? 宝を取りに行くか?否か。


ポツポツと挙手がありましたが、多くの人は迷っている様子です・・・


そこで司会が「なお、宝を取りにけるのは先着10名に限ります」


と告げると、大勢の人がハイハイハイと、すぐ手を上げて定員に達しました。


それで、ゲームスタートとなり、さっそく3人(A、B、C)が駆け出していき、

 

宝を取りに行こうとしたら、

 

ドンドンドン!と爆発が次々に起こって(A、B、C)は大ケガをしてしまいました。

 

すると司会が「なお、草原には地雷が仕掛けられています」と告げたのです。


それで残りの7名(D、E、F、G、H、I、J)は怖気づいて、


宝を取りに行くのを止めてしまったので、また10名を補充することになりました。

 

 

さすがに様子を見ていた参加者も怖くなってしまいましたが、


それでも草原の向こうに見える宝は何億もありそうですから、

 

思案の末新たに10名(K、L、M、N、O、P、Q、R、S、T)が名乗りを上げました。

 

2回目のゲームがスタートする前に、また司会が補足で説明をしました。

 

「なお、地雷は全部で10しかありません。残り7つです」

 

「また宝を得られるのは先着順。先に着いた人が有利です」と告げたのです。


すると、10名中の3人(K、L、M)が、同時に草原に向けて別々のルートで走っていきました。

 

2人(K、L)は途中で地雷に当たり、ケガをして歩けなくなったが、

 

残り1人(M)は運よく宝の山にたどり着くことができました!

 


それを見ていた残りの7人中の2人(N、O)は、すぐに駆け出しました。

 

それを見ていたさらに残りの3人(P、Q、R)は、

 

「しまった!」という表情で、駆け出した2人を追いました。

 

残りの2人(S、T)は、なにがなんだかわからずに立ち尽くしたままでした。


そうこうしているうちに宝はなくなって、ゲーム終了となりました。

 

 

<結果発表>


一番多く宝を手に入れたのは、一番最初にたどり着いたMでした。

 

次に多く宝を手に入れたのは、二番目と三番目にたどり着いたNとOでした。

 

少ないながらも宝を手に入れたのは、残りのP、Q、Rでした。

 

参加100名中、宝を手に入れられることができたのは以上わずか6名でした。

 

 

 

さて、ここで問題です。


問1 一番賢かったプレイヤーは、誰か? その理由は?

 

問2 次に賢かったプレイヤーは、誰か? その理由は?

 

問3 一番愚かだったプレイヤーは、誰か? その理由は?

 

問4 次に愚かだったプレイヤーは、誰か? その理由は?

 

問5 凡人だったプレイヤーは、誰か? その理由は?

 

問6 問1で一番賢かったプレイヤーよりも、さらに賢く宝を手に入れる方法はあるか? 

   あるとしたらそのやり方は?

 


※プレイヤーは複数でも可。

 

この問題は私が今考えたもので、もちろん、トレードにも関係のあることです。
まあ考えてみてください。解答は週末に書きます。

 

 


 

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 

| - | - | 12:15 | category: FX上達のヒント(コラム) |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ