「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< FX上達のヒント 人間は常に耳障りの良いことを信じようとする | main | テクニカル解説093 逆張りゾーン、順張りゾーンを意識して売りでいくか、買いでいくかを決める >>
# テクニカル解説092 一度割ったサポートラインに乗り直したら、売り手は手仕舞い

この記事を書いているのは9月19日(火)の11時頃です。

 

USD/JPYの相場解説は、期間が空いてしまいましたが、これまでの動きと、今後の動きを日足から見てみましょう。

 

USD/JPY 日足

日足は安値圏から一転して吹き上がる展開になりました。こういうチャートは時間足や分足でもよくあり、稼ぐのは難しく、対応を間違えると大けがをしてしまいます。

 

まず、a前はダラダラと下がっているのだから、全体的に売り仕掛けでOKです。aはサポートラインの赤線を割り込んで下がり出したところなので、ブレイクが来たと考えて売るのも間違いではありません。しかし、このケースではすぐに強い反発のbの陽線が出たことで、サポートラインに復帰しました。この時点で売りは危なくなったと考えねばなりません。売りで稼いでいた分が、bの逆転の陽線一発で吹き飛ぶことも多いのですが、自分の戦略と反した動きが起こったらポジションをクリアにするのが鉄則です。

 

たいていbのような大きな陽線が出ると、次に同サイズの陰線がかぶせられないとしばらく反発が続く流れになります。特に茶色線が水平になりそこを上に抜くような陽線cが出たら、ボリンジャーバンド+2σやRSI70%まで強引に進んでいくことが多くなります。ですからcの段階ではもう売りはできません。かといって買うのはこの日足のチャート上では難しいところ。これより下の時間足などではゴールデンクロスから完全な上昇トレンド相場になるので、仕掛けにくいと思ったら時間軸以下でデイトレを行うのもひとつの手です。私の場合は、様子を見ます。

 

その後、dでは+2σにタッチしたので、吹き上がった瞬間に売るのは間違いではありません。瞬間的には50pips近く落ちることもありますから、売りで入ってもいいでしょう。ただ、+2σから売って下がったら、必ず損切をトレール注文のように下げていき利益は確保すること。あまり下がらずにジリジリと巻き返してくると、さらに吹き上がる展開になりやすいです。そうなったときに損切を設定しておかないと大きな損になってしまいます。

 

さて、現状からの展開ですが、まだ勢いがあるので図のようなもうひと上げがあり得る場面です。この日足チャートから仕掛けるとしたら、様子を見てもう一回くらいありそうな吹き上がりを待ってから売り直すか、弱まってきてから売り直すかです。買うのはどうかというと、ゴールデンクロスが起こった直後に買うのは遅いです。このテクニカル設定だと、ゴールデンクロスが起こった瞬間は+2σやRSI70%が壁になって反落しやすいのです(アドバンスドホーミングFXでは手法bリバーサルの場面)。ですので、もう少しは上がりそうですが日足としては買うのは遅いと判断します。

 

4時間足

4時間足は画面中央でゴールデンクロスが起こったあと、一度押し目が入って茶色線まで落ちてきましたが、そのあと反発上昇になっています。現状からは上昇トレンドなので買いでいくことになりますが、前述したように日足の上値は重そうです。だから、順張りでいくにしても、吹き上がりが起こった時点ですぐに利食いをしないといけないでしょう。また、現状から買いで追っていくのは遅いので、図のような-2σくらいまで落ち込むときを狙って買ったほうが優位と考えます。一旦ガクンと落ちたところで押し目が入ったあと、頭打ちになってきて下がりだすのでは?と考えています。

 

まとめると、短期足は買いが強いので順張り検討ではあるのですが、上値は重いと考えます。112円に触れたあたりからは反落に注意したいですし、そのくらいまで上がったら一旦売り仕掛けで入りたいと思います。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 


※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 

| - | - | 11:18 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ