「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アドバンスドホーミングFXの特典動画のダウンロードについて | main | テクニカル解説092 一度割ったサポートラインに乗り直したら、売り手は手仕舞い >>
# FX上達のヒント 人間は常に耳障りの良いことを信じようとする

 

先週からプライベートな理由で、トレードはお休みしておりました。
ブログの記事更新を楽しみにしていた方はすいません。

 

また、アドバンスドホーミングFXの特典動画が

先週から通信障害でダウンロードできなくなっていたようで、
1週間前にご購入された方は申し訳ございません。ご心配をおかけしました。
下の記事にダウンロード方法が記載されているので、

遅ればせながらお受取りご参考にしてください。

 

 

 

プライベートな理由というのは、親類が病気になりまして、それでちょっと大変だったのです。

 

その経験で、私も気づき、大いに反省させられる点があったので、
自分への戒めとして、少し書きたいと思います。


自分や近しい人が大病すると、今はみなさんネットでその病気を調べると思います。
例えば、癌なら、癌を真剣に調べるわけですね。
当然ながら、検索すればたくさんの記事がネット上にあります。


人間とても怖いもので、そうした記事を調べていくときに、心に大きな変化が訪れます。

それは自分にとって「耳障りの良いものしか信じない」という悪魔的な変化です。

 

 

たとえば、自分にとってネガティブな情報であれば、それを信じようとしません。
目をつぶり、耳をふさぐわけです。

 

癌の余命が何年だとか、この癌の予後は悪いとか、まず治らないとか・・・
そういう記事はすぐに見るのを止めるでしょう。

 

こんなどこの馬の骨が書いたかわからないネットの記事は間違っている、
信ぴょう性はまったくないと判断するはずです。


一方で、この癌にかかっても治る見込みはあるとか、
実際に治った人の体験談とか、癌は放置しても大丈夫だといったような、

自分にとってポジティブな耳障りの良い記事ばかりを信じるようになります。
それは同じ怪しい記事であるのに、前者と比べてすっと信じるようになるのです。

 

 


現実を直視しなくなる原因は、自分の欲です。
自分がこうしたい、こうありたいという願望、欲の眼鏡が、現実を曲げるのです。

 

自分の願望に沿ったことを言う人や、記事は信じやすい。

その逆は信じにくいということです。


私は長年のトレードでその心理現象については痛いほど熟知していて、
以下のような記事をいくつも書いているわけですが、

 

 欲の眼鏡について
 http://blog.homing-fx.com/?eid=1520696

 

その私でさえも、今回の件では甘美な話に心が揺さぶられるのを体験しました。
ネガティブな話は信じない、ポジティブな話を信じようと心が動くわけです。

 

 

トレードでも、耳障りの良いことしか信じようとしないのは、人間の本能です。
買ったポジションがどんどん下がるのに、あの人が言っているから、

ファンダメンタル的に間違いないから、すぐに上がるだろうと思うのは、

すべて「儲けたい」という甘美な願望が原因です。

 

データを見て判断すれば間違いない?

いいえ、そのデータが公正で間違いないものだとしても、

そのデータの取捨選択をするのは人間です。

データの良い部分を信じ、悪い部分は目をつぶる。

会社の業績を見る株のトレーダーは、本当にその会社のデータを公平に見られているのか?

甚だ疑問です。

 

 

トレード以外でも、すべて同じです。

 

政治家の甘美な政権公約を信じ(実現できるかどうかわからないのに)
アスリートの活躍を報じるメディアの美談を信じ(本当はどんな人かわからないのに)
会社では耳障りの良いことを言ってくれる人を信じ(正しいかどうかはわからないのに)

自分にとって気持ち良いことを信じてしまい、現実を直視しない。

それこそが人間の本当の病なのでしょう。

 

だからこそ、物事をニュートラルに見なければならない。

その場の意見が片方に傾いていたら、反対の意見をあえてぶつけてみる。

そうした不断の努力がないと、欲の眼鏡で事実はたちまち曲がっていく。

 

よく言われることですが常に、最悪を想定して動かなければならない。

病気なら、最悪の死を想定し、非常に難しいことではありますがそれを受け入れた上で、

考えていかないと治療法を見誤ることにもなるのです。

 

それを今回の経験を通じて再び気づかされました。

 

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 12:52 | category: FX上達のヒント(コラム) |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ