「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< FX意識改革127 レッスン4 「通貨の魅力を見極める」 | main | テクニカル解説077 月末月初は上がりやすい。それ以降は売られやすい。 >>
# テクニカル解説075 乱高下相場に入るなら臨機応変に対応すること

この記事を書いているのは6月16日の金曜日の12時頃です。前回記事から10日後のチャートを見て振り返ってみましょう。

 

4時間足

USD/JPY4時間足のこれまでを振り返りましょう。前回はaからは売ってもいいが、茶色線を超えたら+2σから売り直しが良いと書きましたね(その+2σは前回の4時間足のeのポイントです)。aから上に抜かれたあとはゴールデンクロスするので、一時的に吹き上がります。しかし、+2σで跳ね返りやすいから、bで売りを持つのが乱高下時の戦略です(アドバンスドホーミングFXでは手法bリバーサル)

 

ただ、bで売りを持ったあとはあまり長くポジションは持てません。というのもa〜b間が上がったことで、様子を見ていた人が「落ちたら買おう」と逆指値注文を下がったところに入れているからです。なのでガクンと落ちたcで利食いが賢明。これも前回書いたことです。そして、cでリバウンドが入ると三角持合いになって「わけのわからないレンジ」になります。これも前回書いたことで、dからあとで無理にポジションを持っても旨みがありません。もう一度動き出すのを待ちましょう。

 

さて、eで突然下に崩れました。これによって「下に動き出すだろう」と考えるのはいいでしょう。ただし、持合いのとき(dのとき)はRSI50%で推移していますから、離れた直後には、すぐRSIの端(この場合は30%)にタッチしてしまいます。RSIにタッチすると、レンジの逆張りを狙う勢力がいるから跳ね返ります。なので、落ちたfから突っ込んでうるのはよくありません。eで下がると考えても、下がったあとからはすぐに入らない。gにくるまで待ちましょう。売るとしたらgからです。

 

ただ、このチャートはgから上にいってしまいましたね。gから売るのは間違いではありません。ただ、gから売る根拠というのが、茶色線やRSI50%の壁を根拠にしているわけです。そのラインを抜かれたら売る根拠はなくなるので撤退。それは世界中のトレーダーも似たようなことを考えていますから、gで売って上がってきてしまったら売り手はさっさと逃げます(損切る。つまり買い戻す)。すると急反転して上昇に転じていきます。防衛ラインを突破されたらぐずぐずしないことです。gで売って下がらなかったら、hですぐ損切る。それが正解です。

 

そのあとの吹き上がりを取るのは、5分足レベルのトレードではなければ難しところ。4時間足の今後としては、現状としては+2σ接点なので売られやすいポイントだと考えるかもしれませんが、+2σ線が広がってきていて、ゴールデンクロスが始まりました。こうなるとロウソク20本程度堅調に推移していきます。「堅調」と書きましたが、全体が乱高下なのでグングン上がるというわけでもないでしょう。高値をしばらくキープし続けるということです。

 

現状からのルートとしては、このままジリ上がりが続く。あるいは、ガクンと下がってから持ち直す。のどちらかでしょう。アプローチ方法としては、買いたいなら、押し目買いです。現状では買わずにピンク線が上がってきたら買う。売りでいきたいなら、もう少し上がってから売る。112円に近づくくらいまで引きつけてから売る。という感じでしょうか。

 

いずれにしても相場の流れがすぐに反転しますから、買いも売りも長く持てません。順張りをするよりかは、逆張りを意識して入ること。そして思惑通り進んだらすぐに利食いすることです。まとめると、週明けくらいまでは110円〜112円内のレンジになると考えます。112円から上に進むのは難しいと考えています。スイング狙いなら上がったところで売りを持ちたいところです。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 


※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 12:10 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ