「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< テクニカル解説070 相場が崩れたときは売りたいが、売り時を焦らないほうが良い | main | テクニカル解説072 月末は無理して売らない。デイトレでは底堅くなったら素直に買う。 >>
# テクニカル解説071 上の足が三角持合いのときは、下の足は振り幅の大きいレンジになりやすい。

この記事を書いているのは5月22日の11時頃です。

 

先週は想定した形でUSD/JPYは崩れて一時110円台まで押し込まれましたが、今は111.50付近でレンジになっています。今後も週足が三角持合いを形成していることからも110〜112円の狭い間でレンジが続くと考えています。なので、動いたところでの突っ込んでの順張りは危険でしょう。

 

週足

これが週足ですが、前回解説した月足同様に三角持合いの頂点付近にあります。今月は〇で囲んだ狭い中で煮詰まる展開になると考えています。まだ動き出すタイミングではないでしょう。

 

4時間足

4時間足は高値から一気に崩れてきました。現在は底値圏でウロウロとしています。こういうチャートを見たときに、多くの人が売りを検討してしまうでしょう。しかし、意外に底値で粘って一度は切り返す動きが多いものです。

 

それは市場参加者の心理からすれば、この4時間足は崩れる前は堅調だったのだから、そのときの参加者は「落ちたら買いたい」と思っていたからです。また崩れる前に売りを持っていた人は上がってしまって損切できず含み損で困っています。だから落ちたときは助かったとばかりに売りポジションを整理します(買う)。という思惑が重なって、急落したところからは持ち直すのです。しかし、今度は上がったあとは、買っていて損になっている人が逃げるから(売る)また下がるようになるわけです。

 

テクニカルとしてはMAがデッドクロスしたあとは荒れます。アドバンスド・ホーミングFXではMAクロスは荒れるという定義をしていますが、オカルトではなく、前述した合理的な人間心理のせめぎ合いにより荒れやすいということです。

 

さて、現状からの戦略ですが、現状から仕掛けるのは中途半端です。弱含みにはなっているものの、長い間レンジで持ちこたえていて、ピンクの線がU字型に傾いてきました。こうなると吹き上がりやすいのです。吹き上がった場合はRSI50%や茶色線に触れるところまで上がってきますから、その吹き上がりを待ってから売り仕掛けが優位でしょう。吹き上がるときはオーバーシュートで大きく動きますから、その大きく動いたあとで売りを持つのがいいでしょう。USD/JPYなら1時間で50pipsも動けば大きく動いた(ピークを付けた)と判断していいです。

 

また、現状からこのまま下がった場合も突っ込み売りは危険です。ダブルボトムの形になって持ち直すケースが多いからです。上の足が下降トレンドなら下がってきたら4時間足も売りたいのですが、残念ながら日足、週足、月足はトレンドではなくレンジです。ですから、今の状態ではスイングトレーダーは崩れたときは追いにくいということです。

 

1時間足

1時間足はレンジが煮詰まっていることがわかります。ボリンジャーバンドがすぼまっています。このあと上下どちらかに進み出すでしょう。その進み出した瞬間は5分足レベルで20pips程度を取る戦法なら問題ありません。デイトレーダーは動いたところで瞬間的についていくべきです。しかし、一方方向に動き出すのは数時間程度の短い間でしょう。そのあとで図のような反転が起こりやすいと考えています。1時間足としては、RSI70%で売るか、あるいはRSI30%で買うかのどちらかが優位です。そこでポジションを持てれば半日〜1日くらいは持てそうです。どちらかといえば吹き上がったときに売りのポジションを持ちたいところです。

 

まとめると、先週は急落しましたが、今週もそのまま急落が続くとは考えません。前半はやや持ち直して週半ばでまた110円台に落ち込む動きがくると思います。その狭いレンジを想定して立ち回ることになります。まあ、5分足レベルのトレードなら動いた方向に風見鶏でちょっとだけついていくのが良いでしょう。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 


※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 11:20 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ