「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< テクニカル解説055 毎月25日からは無理に売らない。売りたいなら吹き上がりを待つ。 | main | FX意識改革122 大きな夢は持たずに常に現実的な目標を設定する。 >>
# テクニカル解説056 レンジ相場はボリンジャーバンドからの逆張りを狙う

この記事は1月27日 18:50頃に書いています。

 

前回想定した形で25日以降は上がってきました。で、吹き上がってきたところで一旦叩いてみたいと思います。

 

USD/JPY 4時間足

4時間足はレンジ相場になっているので、安値からはまた吹き上がる展開になりました。ただ、ボリンジャーバンドの+2σに到達したのだから、買い手としては現状で利食い。そして、売り手は現状から売り狙いとなります。ただし、売り手としてはここから少し下がったところで、ピンク線に支えられてジリジリと上げていく展開になったら即撤退。デイトレならピンク線まで下がったところで一旦利食いですが、4時間足としては、ピンク線で支えられたあとにまた弱まって、図のルートで展開していくことを狙っていきたいものです。

 

レンジの中央を示している茶色線を割ってきてからの売りは不利です。白線のトレンドラインがサポートになっていますから、このあたりで支えられて煮詰まる展開になると考えるからです。

 

よって、4時間足は、現状の115.00から売って113.50くらいまでを狙う、やや短期的なアプローチにになります。アドバンスドホーミングFXの手法では、手法2になりますね。1時間足レベルでのデイトレなら、売りから入って20pipsくらい落ちたら利食い、また反発したら売り、また落ちたら利食いの繰り返しでしょう。113円くらいになると値動きが少なくなってくると考えています。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 


※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 

| - | - | 18:57 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ