「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【USD/JPY 売り】 109円がレジスタンスになり、しばらくは調整下落の流れを想定する。 | main | FX上達のヒント トレーダーのリアルな成長記録 >>
# 【USD/JPY 売り】 109円台は値が重い。相場はリスク回避傾向になりそうだ。
※この記事は9月25日木曜日 12時30分頃の見解です。

相場は再びドル高ですが、上がっているのはUSD/JPYだけで、ドルストレートやクロス円は下落が強い状態となっています。そのUSD/JPYも現在はレジスタンスにあるのでここからは上値が重いですが、当然売るのならユーロやオージーがらみの弱いペアを売ったほうがいいでしょう。

4時間足

4時間足は軟調な状態でしたが、aで三角持合となり、結局はRSI50%が強い壁になって再び反発をしていきました。調整下落狙いの売りはaから陽線が出始めたところで撤退となります。しかし、このチャートはまだ赤線のレジスタンスを明確に超えてこないと上昇にはつながってきません。この赤線を超えてきたら完全なドル高相場になるので、110円目指して高値を追っていくことになるのですが、現在は赤線が最後の砦のレジスタンスとして機能していますから、現状からはまずは売り狙いでしょう。買うのならこの赤線を抜いたときか、あるいはダブルトップを描くように107円台まで急落したときに買うべきです。レジスタンスから新規で買いを持つのは不利でしょう。

相場状況はドル高ですから、USD/JPYを売るよりはEUR/USDやAUD/USDなどのドルストレートを売るほうが優位です。USD/JPYがここでもたつく間にそれらのドルストレートが落ちるならば、EUR/JPYやAUD/JPYは下落を続けていきますから、そちらの売りを中心に検討していきます。

1時間足

1時間足は荒れている相場状況です。aからは上に進みましたが、RSI70%にぶつかったので、今度はRSI50%までまた戻す展開になるでしょう。茶色線を割れれば、また108円前半まで押し込まれていきそうだと思います。仮にUSD/JPYがそのような状況になったときは、ドル安というより、久しぶりに円が主役となったリスク回避の相場状況になっていると考えられます。そうなったときはUSD/JPYよりクロス円の急落に警戒が必要です。

<アドバンスドホーミングFXによる解説>

4時間足 上昇トレンド(不安定)

1時間足 トレンド転換

4時間足が上昇トレンド中ですが、109円近辺のレジスタンスをまだ抜いていません。1時間足は乱高下でアプローチしづらくなりました。仕掛けるとしたら109円のレジスタンスから手法5を考えながらの売り狙いです。ここを抜いたら手法4を使って買っていくことになります。つまり、今は上がるか下がるかの分岐点にあります。

※16:58
相場観にも書きましたが、今日は簡単な相場になっているEUR/USDやAUD/USD、とそれがらみのEUR/JPY、AUD/JPY売りをメインとしています。USD/JPYは単独で強くはなっていますが、あまり高値を追いかけたくない所です。

※17:30
ドルストレートの下落がひと段落ついてきたので、ここから再度USD/JPYを少し売りたいと思います。109.22から売りました。とりあえず109円割り込むくらいまでの狙いですが。

※9月26日 11:20
昨日のポジションは運よく急落に乗れたのでそのままストップを下げていけるところまでスイングで売り続けようと思ったのですが、先ほどリバウンドが来て108.75で利食いでした。売られたところでは強く買われる上の1時間のルート通りでしたね。月末はドル高が進む可能性があるので週末・週明けは荒れそうです。引き続きドルストレートやクロス円は下落に注意で、USD/JPYをトレードするよりはそちらを売ったほうが旨みがありそうです。

他のドルストレートのEUR/USD、GBP/USD、AUD/USDと
クロス円のEUR/JPY、GBP/JPY、AUD/JPYについてはこちらで掲載↓

毎週火曜日、木曜日、日曜日更新
トレードプランの参考書
「千草明の相場観」のお申し込みはこちらから


※ご参考になったら押してあげてください↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

※このブログの読み方についてはこちらを


 
| - | - | 14:07 | category: 今日の相場(主にドル円のトレードプラン) |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ