「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【USD/JPY 様子見】 104円近辺で上がり辛い状態が続く | main | 【USD/JPY 買い】 ドル全面高相場。ドルストレートをメインで売る。 >>
# 【USD/JPY 売り】 103円半ばまで値を崩す展開
※この記事は8月28日木曜日 12時30分頃の見解です。

USD/JPYは想定した形でジリジリと崩れてきています。週後半はドルは下がり、EUR/USDやGBP/USDは回復すると考えます。USD/JPYの短期的なアプローチは売りを検討していきます。

4時間足

4時間足は頭を叩かれてきました。高値圏にあるのにRSIに下降トレンドラインが引けますから、ダイバージェンス(逆行)現象が出ています。これが出るとストンと落ちやすいのです。他にも値が崩れそうな理由があり、MAがデッドクロスしそうです。デッドクロスをするとやはりストンと落ちていきます。2本のトレンドラインを引いていますがこの下のラインにタッチするように落ちやすいでしょう。

また、図では引いていないのですが、MAがデッドクロスをしたら直近の天底にフィボナッチを引いて61%のところまでは落ちていきやすいものです。104.20〜103.20間にフィボナッチを引くと、だいたい、103.40くらいが短期的な下落のポイントに浮かびあがります。

短期的な押し目を買いを狙うのならそのあたりだとは思いますが、このチャートは長い目で見るともう少し落ちていきそうです。結局は103円後半で押されて続けて、行ったりきたりしつつまた103円前半まで下がってくるのではないか? と考えます。というわけで今日明日のアプローチとしては売り方向とします。

1時間

1時間足はレンジを下離れしてきました。レンジから離れてきたらレンジの上下にフィボナッチを引きます。この場合は下に進んでいるので逆から引き、161%の飛び出しを見ます。それが103.55付近ですから、デイトレ的なアプローチならそこまでを狙います。そこまで落ちてから売るのは、デイトレとしては遅いでしょう。図のような反発がきやすいですから、たとえば103.50まで落ちたあとは、103.70まで戻るのを待ってから売りを仕掛けていくというのが良い考えです。

つまり、売りたいときは「常に高くなってから売る」ということです。下がっていて売りたいなと思ったら、最安値から売るのではなくて、少しでも高くなったところで売ることです。端的にいえばそれが下降トレンドラインの接点から売ることや、MAの接点から売るということです。このチャートでも今から売るのはやや遅いといえます。売っている人は10本手前の茶色線に頭を抑えつけられたところから売っているでしょう。

<アドバンスドホーミングFXによる解説>

4時間足 トレンド転換

1時間足 トレンド転換

4時間足のMAがデッドクロスをして展開が変わりそうです。4時間足はデッドクロスを取る手法Bを使って短期的に売りを検討します。1時間足はレンジを下離れしてきたので、こちらも手法Aを考えての売り検討となります。ただ、こうしたトレンド転換の局面は荒れます。売るにしても長くは引っ張れません。このあとは行ったり来たりする乱高下に注意でしょう。

他のドルストレートのEUR/USD、GBP/USD、AUD/USDと
クロス円のEUR/JPY、GBP/JPY、AUD/JPYについてはこちらで掲載↓

毎週火曜日、木曜日、日曜日更新
トレードプランの参考書
「千草明の相場観」のお申し込みはこちらから


※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

※このブログの読み方についてはこちらを
| - | - | 14:09 | category: 今日の相場(主にドル円のトレードプラン) |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ