「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< プラン立案【難しい】再びレンジ相場に突入。欲張らずにコツコツ取る。 | main | プラン立案【難しい】75.00までの急落に注意 >>
# FX上達のヒント マネーパートナーズの便利な操作方法
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ 人気ブログランキングへ

マネーパートナーズからハイパースピードの操作案内方法のメールが届いてました。

ストリーミング注文と同時にOCO決済を入れる方法ですが、
これは便利な方法なので、ご紹介しておきます。


私も教材では、エントリーと同時にOCOを入れて
その場で損失と利益を確定してくださいと書いています。
それが自動でできるので便利なシステムです。

エントリーしたあとに利益ラインや損切ラインを注文しないというのは、
裏返せば、どこで利食いしたらいいか? どこで退出したらいいか?
というのが、まったくわかってないということです。

それでは、どうやっても勝てるわけがありません。

エントリーする前に利食いや損切の場所が見抜けていなければ、
お話しになりませんし、

どのくらいの損まで許容できるのか?
そして、どのくらいの利益なら損をカバーできるのか?
そうしたことも事前に考えてなければ、
やはり、お話になりません。

だから、エントリー後にOCO決済設定は必要になります。


・・・まあ、実際はそれでも足りないんですけれどね。
業者も本当に客を勝たせたいなら、
客が用意した証拠金の量で、損失幅を限定し、
強制的に損切らせるシステムにすべきです。

でもそれやると、客からクレームがくるわけです。
客は損なんかビタ一文も出したくないし、そもそも損切したくないですから。

なので、そうした強制ストップというシステムは業者は用意しません。
ただ、証拠金がマイナスになると回収ができなくなるので、
客の資産を守るという建前で
証拠金が4分の1くらいまで減ったらロスカットさせるだけです。

本当に客の資産を守るなら、証拠金の2%の損失で切らせないとダメですけれどもね。
その枠組みの中でしか、トレードは勝てないのですから。

でもまあ、そうしたシステムがないからこそ、
怠惰なトレーダーが続出し大負けしてくれるから、勝てる人が生まれるわけでもあるので、
私も文句言える立場ではないのですが・・・。


※ご参考になったら押してあげてください↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ 人気ブログランキングへ
※このブログの読み方についてはこちらを
| - | - | 00:33 | category: FX上達のヒント(コラム) |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ