「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< プラン立案【やや難しい】ジワジワと上がりそうな情勢 | main | プラン立案【難しい】力強い陰線の出現で、状況が一転 >>
# 新教材「FXをカジノゲームとして楽しむ方法」執筆中
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ 人気ブログランキングへ

以前ブログで少し話した新教材ですが、思ったより早く完成しそうです。

最初は軽い気持ちだったのですが、書いているうちに自分でも筆がスラスラ進むほど面白くなってきてしまい、信じられない速度で書き上がりそうです。

その教材とは、こちら。



この教材は一言でいえば、
「FXをゲームに見立てて、楽しみながら勝つ方法」を提案したものです。

たとえば、何かを習得するときにゲームをしながら学習することってありますよね?

知識の習得のためクイズゲームをしたり、英語などの語学学習をゲームで学んだりなどです。学校教育では裁判を学ぶため、裁判の模擬ゲームを行いますし、経済の流れをゲーム感覚で教える施設キッザニアは子供たちに大人気です。

投資関連でいえば「金持ち父さん貧乏父さん」で有名なロバート・キヨサキは、金持ちになる方法を教えるためにキャッシュフローというゲームを作り、ベストセラーになっていますね。

というようにあらゆる学習のシーンで、ゲームは使われています。
それはゲーム化すると物事の本質が浮かび上がり、とてもわかりやすくなるからです。

それと同様に、FXも学ぶ課程においては、これを「堅苦しい投資」とは考えずに「気楽なゲーム」と考えたほうが、早く勝てるようになるのでは?と思うわけです。経済分析だなんだかんだいうより、単純なゲームに落とし込んでしまったほうが、勝つ方法がシンプルに浮かび上がるはずです。


で、じゃあFXをどんなゲームに見立てて行うかを検討したとき、やはり、ポーカーやブラックジャックやルーレットなどのカジノゲームに見立てるのがベストだと考えました。

なぜならポーカーやブラックジャックも確率の優位性をめぐるゲームです。なので、それらのゲームを攻略するのは、FXを攻略するのとよく似ているからです。というよりも、本質はまったく同じといえるでしょう。


と、いうわけで

この教材は、世界のどこかにある架空のカジノが
FXをゲームの一種に採用したという仮定で書かれています。

そして、カジノには独特のハウスルールがあり、細かくプレイのルールが決められています。
それは実際のFXとは異なり、アミューズメント的な面白さを存分に組み込んだものです。

このFXゲームでは、通常のFX用語は使いません。

そのルールを少し紹介すると、このゲームは1ヶ月の資金増を競うゲームです。

FXゲームの開始は、
5万(ミニマムコース)
50万(スタンダードコース)
500万(ホエールコース)※ホエールというのはカジノ業界での大口客の呼び名。
に分かれていて、それぞれ参加条件があります。

証拠金とは呼ばずにプレイ料金と呼び、プレイ料金は1月に1度だけしか入金ができません。そして、プレイ料金は返還されません。一ヶ月間のプレイ後に利益が出せたらプレイ料金を差し引いた額が強制出金されます。プレイ料金は利益が出た場合はプールされ、翌月無料で遊ぶことが可能となります。

ベットの値(枚数)は、独自のレート表によって算出されます。
そして、1ヶ月間のプレイ中に資金が増えていくと、レート表は上昇していきます。
つまり、ゲームに見立てていますが、資金増加を促進させる複利トレードを提案しています。

ゲームの遊び方にはバリエーションがあり、

基本は「ファーストポジション」と「セカンドポジション」の2ユニットを組み合わせてゲームを進めます。これは分散エントリーをゲーム化したものです。

ゲーム中にチャンスの局面になったら2ユニットを同時に展開する「ダブルダウン」を行うことができます。これはピラミティングをゲーム化したものです。

そのほか、24時間後のポジションが現在値より高いか低いかを当てる「ハイ・アンド・ロー」(スキャルピングとデイトレードを並行で行う方法です)や、

ある一定条件のクリアにより、レバレッジ制限を開放した状態での一攫千金を得るボーナスタイム「ジャックポットチャレンジ」がスタートします。(これはリスクを限定しながらフルレバレッジでトレーディングする方法です)

など、いろいろなプレイ方法があります。

これらのルールは、すべてアミューズメントゲームを装っていますが、その実態は「勝てるルール」で構成されています。つまり、このルールを信じて実行して頂ければ、おのずと勝てるようになってくると考えています。それが本書の狙いです。

本書はFXを競馬などと同様にアミューズメントとして割り切って小額で趣味的に楽しんでいる人にとっては、そのまま「もっとFXを楽しむための方法」として読んで頂けるでしょうし、実態は勝てるルールで組んでいますから、FXを真剣にやる人への「学習用模擬ゲーム」としても役立つはずです。


というわけでだいたい書き上がってはいるのですが、あとは実際に私がこのゲームをプレイしながらルール解説をする動画をつけたいので、もうしばらくかかりそうです。

ちなみに先週3日間のゲーム実戦記録はこちらです。


本業のかたわらにデモで解説しているのであまりトレードできていませんが、50万のスタンダードコースのスタートでいま54万ですね。55万から枚数が増えるので月曜日がんばろうと思います。金曜の下落は進行が早く私も短期は裏目くらいました。短期ではもっと緩やかに落ちると思ってリバウンド狙いをしたのですが、裏目です。でも底でダブルダウンで拾いなおして結局プラスでした。急落のときに拾ったハイ・アンド・ローのポジションは月曜日に決済されます。トータルで日に30pips増ぐらい、となっています。

アミューズメント的な要素を盛り込んでいますが、このゲーム続けていくとジワジワ資金が伸び、あるところで爆発的に増えるようなルールにしてあります。

9月下旬くらいには公開できるかなと思いますので、また準備ができたらブログで発表します。今回は他の教材より廉価で出したいと思っていますので、どうぞご期待ください。


※ご参考になったら押してあげてください↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ 人気ブログランキングへ
※このブログの読み方についてはこちらを
| - | - | 00:03 | category: 実験企画 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ