「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 3月20日12:00時点でのUSD/JPY相場展望[様子見]

今月のドル円なのですが、非常に値動きがなく、111円台で小刻みな推移がずっと続いています。

 

日足

日足は前回解説した通りの展開で、タイム分析の区間2-3は下がり気味のレンジになっています。区間2の線をまたいだ途端に弱くなっていることはよくわかります。ただ、茶色の線にしぶとく支えられている感はあります。茶色の線を割り込めば1円くらいは急落するでしょう。ただ、直滑降に下がって行く展開ではなくて、110円の切りの良いラインからはしぶとい買いが続くと思います。現状からは様子見です。買いたいのならば、あくまで茶色の線を根拠に割れたら即損切。でもそれよりかは110円で買った方がいいでしょう。売りは現状から売っても、レンジのもみ合いが続きそうです。区間3の位置までこのままレンジが続く可能性もあります。

 

4時間足

4時間足を振り返ると、前回記事はaの地点からRSI70%なので売り優位と判断しました。これは想定通りに進みました。bの地点でRSI30%に到達しているので、レンジ狙いの売り手は手仕舞い。買い手は買い狙いです。そのあとは小刻みな推移になっています。ボリンジャーバンドもMAも蛇行している状態で、4時間足上からは様子見が無難な場面。トレードしたければ、1時間足レベルでのRSIからの逆張り、もしくは5分足レベルでの短期トレードが適していると考えます。

 

1時間足

1時間足も見てみると、単純にRSIの買われ過ぎ売られ過ぎで逆張りしていれば、50pips程度は稼げそうなチャートです。〇で示したRSIの両端の部分は見事に反転箇所になっています。現状からはまた売り狙いということになりますね。このように上の足が良く分からないもみ合いのときは、下の足は単純なRSIの逆張りが一番優位性が高いでしょう。

 

まとめると、上がる気配は薄く、急落の危険をはらんでいる状態。とはいえ現状からも売りにくく、月末の値動きを待ちたいというところです。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 12:12 | category: テクニカル解説 |
# 3月4日 7:30時点でのUSD/JPY相場展望[売り] 

月末月初は米雇用統計もからむので相場が動きやすいものです。先週末から相場は上方向に動き出してきましたが、週足から今後の流れを見ていきます。

 

週足

週足は先週ピンクの線に支えられて強い陽線が出てきました。が、週足としては綺麗なトレンド相場のチャートではなく、乱高下の範疇です。直近では斜めに白線を引きましたが、これが当面は下降トレンドラインのようなレジスタンスになるでしょう。抜けてくれば、上方向に一気に伸びてボリンジャーバンドの+2σにタッチする115円まで進む。反対に反落すれば、ピンクの線がサポートになっているので、110円まで下がりそうです。このチャートで仕掛けるのなら、115円でボリンジャーバンド+2σを根拠に売り、110円でピンク線サポートを根拠に買い。といったところでしょう。週足規模で現状から仕掛けるのはレンジの中央値を示す茶色線や、RSI50%を示しているので優位性はありません。ただ、前述した下降トレンドラインによりやや売りの優位性があるといったところです。

 

日足

チャートに縦線を引いていますが、これはアドバンスドホーミングFXのテキストP40-41に示したタイム分析法です。詳しいテクニカル使用法や私が書いたテキストで示していますが、このような乱高下相場のときにMAクロス後で縦線2を超えると相場が転換しやすいのです。縦線1〜2区間は上昇していたと見ることができますから、2〜3区間は反転しやすいわけですね。というのも1〜2区間で上がれば、他のテクニカルでもRSIが70%に近づくから売られやすい。またトレーダー心理としてもチャートの左側は高値で推移していて、その後に急落して戻ったわけですから、いままで高値で買っていて含み損になっていたロングの所持者が助かったと手仕舞いしやすいわけです。よって下がりやすいということです。

 

とはいえこのタイム分析法は、絶対の指標ではありません。2〜3区間がさらに上昇が続くという可能性もあります。が、それは区間の出始めのロウソクを見ていけば判断はできます。ピンク線や茶色線を下回ってきてまたデッドクロスが起これば弱まっていくわけで、ここ数日で1円規模の大きい陰線がでるかどうかで今後の動向が決まることでしょう。

 

4時間足

4時間足はレンジブレイクから上に進みました。aの部分でボリンジャーバンド+2σを抜けて、バンドが拡張したことで一気に上値が伸びてきたということです。さて、レンジブレイクをした。これから上に伸びていくだろう。と、4時間足だけ見ていればそう思います。しかし、前述したように月週足はレンジだし、日足もRSIの買われ過ぎに近づいたことで、ここから買うのはよくありません。むしろ4時間足のRSI70%に到達していますから、売り側に優位性があると考えます。ただ、売りで入るときは、図のようなダブルトップ形を頭にいれておきましょう。仮に今日夕方までやや売られる展開になったとしても、ピンク線や茶色線に支えられて、今夜は盛り返すという値動きが十分に考えられます。ですから、売るのならピンクの線がまた下に向いてきた辺りから売るほうがより確度が高いということです。

 

まとめると、あまり買いたい相場ではありません。短期的には売りたい相場状況です。ただし、週末には雇用統計があり、それに対して期待で買われるか、あるいは今まで先に上がってしまったので手仕舞い勢が増えて下がるか、その辺りを見極める必要はあるでしょう。全体的には売り方向を検討しています。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 07:44 | category: テクニカル解説 |
# 2月25日 14時時点でのUSD/JPY相場展望[様子見]

2月中旬からUSD/JPY相場は完全に膠着状態になりました。正月に急落したあとにもう一度下落の機会があると見ていましたが、かなりしぶとく下落せずに渋っている状況です。とはいえグングン上がるような状態でもなく、スイングとして仕掛けるのは動き出すまでしばらく様子を見ていくしかありません。

 

4時間足

週足は前回解説した形と変わらないので、4時間足を見ましょう。4時間足は110.50〜110.80くらいの狭い間で膠着しています。ボリンジャーバンドがすぼまっていて、RSIは50%の中央位置を示しています。この時仕掛けてもどちらに動くかはわかりません。まだまだレンジが続く可能性があります。前回記事では売りから入りましたが、膠着した時点で違う展開になったわけですから、売りは手仕舞いしてまた仕掛けどころを探していくことになります。一番有効な仕掛けどころとしては、突然急落や急騰があって、RSIの買われ過ぎや売られ過ぎに来た時に逆張りです。1円近く取れそうな優位点だと思います。ただその場合のポジションはあまり長くは持てません。基本的には大きく動いてきた方向に落ち着いたら仕掛けていきたい。急落するなら、落ち着いたところで売りたいと考えてはいます。

 

大きい足がこのように膠着してどうにもならないときは、短い足はレンジ相場になっていますから、トレードするのであれば短期を選択します。今回は5分足を見てみます。

 

5分足

5分足は乱高下のチャートです。ボリンジャーバンドやMAが蛇行しているようなときは、レンジではあるのですが、行ったり来たりがかなり激しい乱高下の形です。このときはまあ様子見したほうがいいのですが、やるならRSIの逆張りを考えます。

 

aの地点はRSI30%にタッチしたので買いを検討。5分足ですから20pips動いたら利食いです。bのような急騰したところも売りを入れるのはいいでしょう。ただし、そのあとなかなか下がらなくなり、ピンクの線に支持されてきたら売りは撤退です。bの位置での売りは下がったあとに損切ラインをエントリー位置に下げれば損はなくなります。cもRSI70%にあるので売ってもいいのですが、ピンクの線に支えられている間は下がらないし、また茶色線が近づくと再度上昇があります。ですからcで売ったあとになかなか下がらない状態になったら手仕舞いすることです。dの急騰の場面は再びRSI70%にタッチしているので売りでいいでしょう。ここで売った場合は綺麗に利食いできたでしょう。もし上の足が上昇トレンドであれば、dは売ることはできませんが、上の足はレンジですから、行き過ぎたところでまた逆張りを狙うのです。eは今度はRSI30%に来たのでロングですがちょっと上がったあとに急落した時点で撤退です。fは再度RSI30%からリバウンドしてきたところですから買い狙いでいいでしょう。

 

RSIからの逆張りを狙うときは、一度のタッチの時にエントリーするよりも二度目のタッチから狙っていった方が精度は上がると思います。ただ、タッチするたびに逆張りしていっても、損切ラインをマメに詰めたり、サクサク撤退することができれば、結果的には利益を残せると思います。レンジ相場は「出たり入ったり」をストレスなくスムーズにできるかどうかが利益を出すためのカギです。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 14:10 | category: テクニカル解説 |
# 2月12日 12:00時点でのUSD/JPY相場の展望[売り]

USD/JPYの総合的な方向性は下落と私は見ているのですが、今月初旬の雇用統計がかなり強かったのでその流れが今も続いています。週足と4時間足だけ見てみましょう。

 

週足

週足は正月の急落でデッドクロスをしました。毎回いっていることですが、このテクニカル設定では、デッドクロスをしてからはしばらく反動でリバウンドがきます(ちなみにゴールデンクロスならその直後は反動で下落する)。今はそのリバウンドが続いている状態です。で、どこまでリバウンドが続くかというと、RSI50%がひとつの目安です。このあたりまで跳ね返ってくると垂れ下がる茶色線が抵抗になり再下落するのが、よくある流れです。ただ、可能性としては、RSI50%や茶色線を超え出すと、ボリンジャーバンドの+2σまで跳ね上がるパターンもあります。ですから、現状から売るならばあくまで茶色線やRSI50%が根拠になります。その根拠が崩されると、売り手は総手仕舞い(つまり買う)するので、跳ね上がることになります。崩されなければジリジリと下がり、今度は買い手が手仕舞い(つまり売る)していくから再下落となるわけですね。週足としては買えるような状況ではないです。ただの乱高下中です。

 

4時間足

日足は小刻みなレンジ状態はかわらないので、4時間足を見てみます。4時間足は、aのところで大陽線がでていますが、これは今月の米雇用統計がかなり強い結果だったので出た陽線です。陽線が一気に茶色線を超えたために、ゴールデンクロスが引き起こされ、それで流れが変わったわけです。aの陽線が出たところで売り手は撤退でしょう。ただ、aで陽線が出たとはいえ、安定的な上昇トレンドでもありません。bのところは直前はかなり上値を叩かれ続けており、三角持合いが煮詰まって飛び出した格好で、すんなり上がっている状態ではないことはわかります。かなり売り勢力は根強い印象はあります。ただ、前々回くらいの記事で書いたことなのですが、やはり110円に溜まっているストップロスを一層しないことには、再び売りの流れになりにくい所がありました。昨日その売り手のストップロスを弾き飛ばす110円超えがあり、110.50付近まで一気に吹き上がりました。

 

さて、これからどうするかですが、再度売りたいところです。110円を超えたことで、買い手は一段落なのかと思いますし、RSI70%に到達しているので売りを検討します。ただし、今度は110円がサポートライン化してくるでしょう。110円をすんなりと割り込めば急落しますが、110円で数日間値固めされると本格的な上昇が始まる可能性があります。なので110.50のラインは売り手が仕掛ける最終ラインというところです。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 12:13 | category: テクニカル解説 |
# 2月1日 10:00時点でのUSD/JPY相場展望 [売り]

USD/JPYは今週になって再び売られる形となっています。正月に急落して1月は地面に落ちたボールが跳ね上がるように持ちこたえていたのですが、2月になり上がる力が失せ、また再下落が始まった感があります。

 

日足

日足は長いこと粘っていましたが、茶色の線がつまり下降トレンドラインとなっていて、そこに押される形で再下落しています。重要なのは、ピンク線の向きです。いままでピンク線が上に向いていて支えられていたときは、粘り強かったですね。しかし、一昨日辺りから茶色の線の圧力に負けてピンクの線がゴールデンクロスせずに下に向いてしまいました。ロウソクがピンク線の下にきたことで、サポートラインが消失したことになります。こうなるとストンと落ちやすくなるのです。

 

ただ、赤線の辺りが、正月付近でもみ合っていたラインですから、この辺りでは反発もあります。具体的には107円半ばくらいまでは押されそうですが、そのあとで、跳ね返るか、あるいは割るか、どっちがくるかに注目しておきます。まあ普通の値動きとしては、赤線辺りまで落ちてから、小反発して108円台でもみあう感じです。なかなか一気に急落していく展開にはならないのですが、日足チャートからは買うことはできないですね。売りが優位です。

 

4時間足

4時間足は結局は110円の壁に阻まれて、デッドクロス後に崩れる展開になりました。これまでの値動きのポイントを振り返ると、まずaの場面は、110円の壁に阻まれて反落してデッドクロスをしました。よって、これから下落しそうな気配は察知できますが、aの時点で即売りはNGです。このテクニカル設定では、クロスした瞬間は反動があるのです。デッドクロスしたときは一旦反発のタイミングなのですね。そのあと反発がくるわけですが、ボリンジャーバンド+2σや茶色線がレジスタンスラインとして機能するので、bからは売りのタイミングとなります。ただ、bの場面はたしか夜間のFOMCの場面でしたから、bでポジションを取るのは実際は難しいです。

 

現状は急落して小反発があり、cの場面ですが、ここはまた売りのタイミングです。図のようにすんなり落ちて来たらいいわけですが、ジグザグに落ちているのでやや反発もあるかもしれません。今日は雇用統計ですから上がるケースもあるでしょう。けれどもチャートとしてはcで売って、上がってくるなら一旦撤退して、また茶色線から売り直すという二段売りでかなりの確率で利益を出せる形なのです。

 

まとめると、今日の雇用統計直前かあるいは直後は107円半ばまで押し込まれる展開になるのではないかと思います。デイトレでも雇用統計の初動で吹き上がるような形になったら、5分足のRSIなどで70%に来たら売り狙いでしょう。クロス円も今は堅調ですが、雇用統計後は弱くなると考えています。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 10:27 | category: テクニカル解説 |
# 1月25日 11:00時点でのUSD/JPY相場展望[様子見]

月半ばからは弱まると考えていましたが、USD/JPYはかなりしぶとく推移しています。次の仕掛けるポイントを待ちます。

 

日足

前回の解説ではピンク線の上に陽線が乗ってきたら売るのは止めて、高値から売り直しと書きました。aのようにピンク線の上に陽線が乗り、ピンク線が上に向き始めると粘り強くなります。しかし、垂れ下がる茶色線やRSI50%も抵抗になるので、上がるのも難しいといった場面です。一旦上がったbの時点で売るのも悪くはないのですが、その後にピンク線が完全にサポートになっているので、bからの売りはこういうふうにしぶとくなったら即撤退でしょう。

 

ここでの他のヒントは110.00の切りの良い大台のラインです。このラインには売り手は損切を置きますし、買い手は買い注文を置きます。すると抜けた瞬間に吹き上がりがあるでしょう。まだ明確に抜けてはいないので、110.00のラインから売るという基本方針は変わりませんが、そのオーバーシュートの後の勢いが収まってきたところで再び売ろうと思います。110.50くらいから中期売りポジションを持つという感じです。

 

4時間足

 

4時間足のトレードポイントを振り返ります。まずaは、RSI70%に到達しているので、売ってもよい場面です。しかし、bで茶色線がサポートとして機能したため、bのあとに強い陽線が出た辺りで、aからの売りは撤退したほうがいいでしょう。cは、110.00の大台の抵抗線と、ダブルトップの形を狙って売りは良いでしょう。しかし、それも再度茶色線に支えられたdの現在では、ダブルトップの形にはならなくなってきたので撤退すべきです。このあとは図のような吹き上がりを待って再度RSI70%に触れたところで売り狙いを検討します。買うのはどうかというと、今から買うのは遅いですから、吹き上がりを狙うにしても、デイトレレベルで吹き上がったら即利食いという感じが良いでしょう。

 

まとめるとUSD/JPYは110.00ラインの攻防にあり、一旦は抜けてくると考えるので、抜けたあとに失速してきたところで売りを試したいと考えてます。

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 11:19 | category: テクニカル解説 |
# 1月15日 10時00時点でのUSD/JPY相場の展望[売り]

その後長い間USD/JPYはもみあいの形になりました。前回記事で想定した範疇です。為替予想をしている方は、上がるか下がるかの二択に陥りやすいですが、停滞するケースも考えておきましょう。もみあいで煮詰まってきた現状は、また動きそうな形になっています。

 

日足

日足は正月明けからもみあいが続いていますが、ピンクの線が下降トレンドラインです。今はここに頭を押さえられています。基本的なアプローチは現状から売り狙いです。ただ、ピンクの線の上に陽線ロウソクが乗る形になると、茶色の線まで跳ね上がりやすくなります。ですから、現状からの売りはピンクの線が根拠です。ここを抜かれたら、損切して、跳ね上がったところから売り直すという、二段構えで考えていきます。基本的には下落しているのですから、買い側よりも、高値から売る側でアプローチするのが基本です。

 

4時間足

4時間足はボリンジャーバンドがすぼまっています。収斂の状態です。このあとボリンジャーバンドが広がってくると、大きく動き出すことになります。方向性としては日足を考慮して、下方向に動くと考えます。4時間足のチャート単体で見た時は様子見ですが、日足との組み合わせでは、日足=下降トレンド、4時間足=レンジ と考えて売りアプローチを考えます。

 

1時間足

1時間足はよくわからない乱高下ですが、日足は下降トレンドで、4時間足はボリンジャーバンドの範囲での狭いレンジ。とすると、1時間足の乱高下はRSIを見て70%に来たときに売るのが最善ということになります。この1時間足は乱高下していてボリンジャーバンドがぐちゃぐちゃで役に立ちません。そういうチャートではRSIを見て逆張りをしていくのが良いです。現状は茶色の線がサポートラインですが、乱高下のときは茶色のラインは水平になりがちで、水平になるとサポート力はさほどありません。茶色の線を割り込むとRSI30%まで急落しやすくなります。現状からは107円半ばまでの下落を考えます。RSI30%にきたときは50pipsくらいのリバウンドはあるでしょう。しかし、ある程度上がるとまた頭が重くなってくると考えます。

 

まとめると、正月明けからもみあいが続いていましたが、今夜くらいから再下落が始まりそうな形です。週末までは売りを検討していきます。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 22:00 | category: テクニカル解説 |
# 1月7日 13:00時点でのUSD/JPY相場の展望[様子見]

年末年始はドル円は急落の展開になりました。今日から仕事始めの所も多いですが、今後のドル円の状況を考えていきます。大きく動いたので週足から。

 

週足

前の記事で指摘していたようにダイバージェンスのサインが出て頭打ちになって、その後急落となりました。薄商いの正月を狙って一気に進んで104円後半の赤線のサポートラインに当たると、跳ね返る展開にはなりました。このチャートはレンジのようなものですから、売り仕掛けるのでしたら逆張り思考でいかなければなりません。高値にあったクリスマスくらいから売るべきです。落ちてしまった今は売るのはまあ遅いでしょう。このテクニカル設定においてはデッドクロスする瞬間というのは、さらに落ちるという場面ではなくて、やや揺り戻しが入る場面です。そのあとでピンクの線が下に垂れさがってきてから、また売りが進むという形になります。

 

急落したからもっと大下落するぞ!と鼻息荒くして売ると、図のようなレンジの小もみ合いに引き込まれてしまうことも少なくありません。なので、週足視点からまた売りを検討するのなら、もう少し戻ってきたところで売りたいものです。とはいえ、このまま急落していくパターンもなくはありません。そういうパターンが来たら、スイングではなくて、デイトレをメインにして売りからやっていけばいいと思います。

 

日足

日足は急落中ですが、正月の下落で安値攻めは一旦終わったように思います。まだ、その余波でジリ下がってくるとは思いますが、図のような突然の切り返しには注意しておきたいものです。こういう場面で安値で突っ込み売りをすると、レンジに巻き込まれて長い間持たされてしまうことはよくあります。ここから売るのは遅いので、売るのなら、RSI50%くらいまで戻ってきたところで売りたいものです。買うのはどうかというと、買うのはよくありません。ここで買っても全体が下がり基調なので大して上がりません。売ったときと、買ったとき、どちらが大きい値幅が取れるか? そのポイントはどこなのかを考えましょう。売るのならばレンジをブレイクした直後の110円から売るべきだし、買うのなら105円のサポートライン辺りから買うべきでした。今はそのどちらにもありません。今から売っても大して下がらず、買っても大して上がらず・・・ということになりがちなのです。

 

4時間足

4時間足は急落後にリバウンドで戻ってきた場面。茶色の線がトレンドラインでもありますから、4時間足レベルにおいては今はまた戻り売りのチャンスということです。ここから107円くらいまでは下がりそうですから、時間足を使うデイトレなどでは売りでいくのはいいでしょう。ただそんな値幅は狙えません。107円くらいになるとまた買い手が集まって盛り返すことも考えられます。このような急転がひと段落したあとではもみあいになりやすいのですが、そういうところでは1時間足を見て、RSI70%で売り、RSI30%で買いというようなレンジを意識した小規模なトレードがハマリやすいと思います。

 

まとめると、全体的にはまだまだ下落傾向ではありますが、一旦、もみあいのような場面を想定します。売りで入るとするのなら、短期トレードであれば、RSI70%までくるのを待ってから売ればいいと思います。現状から売って長く持つのは宜しくありません。

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 13:17 | category: テクニカル解説 |
# 12月26日 13:30時点でのUSD/JPY相場展望[売り]

年末になって株価は急落して日経平均は2万円を大きく割り込んできました。全体的にリスク回避で円高です。マスコミはセンセーショナルに伝え、街頭の投資家にインタビューしてもみな驚いたといいますが、プロの方はみな予想されていたんではないでしょうか。ある意味で逆のクリスマスプレゼントになったことでしょう。私もこれまでの記事で書いた通りの展開になり大きな利益を得ることができました。大きく動いてきたので、日足から振り返ります。

 

USD/JPY 日足

日足はレンジを下側にブレイクしてきました。aのポイントで完全にボリンジャーバンドの-2σを抜けています。そしてボリンジャーバンドが花のつぼみが開くように外側に向いています。これは煮詰まったレンジがブレイクしたというサインです。レンジブレイクが起こると、一定期間一方方向に動きます。まあ、ロウソク5〜10本は連続してその方向に進むでしょう。1分足でレンジブレイクが起これば、10分間くらい一方方向に20pipsくらい進みます。これが日足であれば、1週間くらいで200pipsぐらいは動いてくることになります。

 

現在は急落したあとで難しい場面です。プロたちはaで売っているわけですから、彼らが年末を前にして利食いをしようと考えると、一転してショートカバーのリバウンドが起こるでしょう。どのあたりで起こるかといえば、赤の水平線がサポートラインとなっていて、110円が目途になります。bポイントの110円を割り込むまでもうひと押しは入りそうですが、割り込むとリバウンドが入りやすいでしょう。リバウンドが少し入ってcポイントでは分岐点。このときピンクの線が下に垂れさがってきてそれに頭を叩かれる展開になり、早々に下落再開となれば、相場はかなり荒れた展開になります。ただ、cから強い売りが再開するよりも、急なリバウンドが一回入るのがよくあるパターンです。急な回復が起こる時は、垂れさがるピンクの線を抜いてきたときです。そうすると茶色の線に触れるくらいまで回復していきます。

 

トレーダー心理としては、このチャートは急落する前はみんな買っているわけです。ドルを買ったままにしている投資家はいま泡を食っているわけですね。そんなときに急に戻ってきたら、彼らは急いで売ります。ですから、リバウンドが起こったあとの111円半ばのdポイントは再度の売りチャンスであるということです。年始はここでなんとかもちこたえて、また来月の半ばで下落再開かなと考えてはいます。

 

4時間足

4時間足は急落しています。大きな足でレンジブレイク(この場合は下方向に)が起こると、下の時間足チャートは急落の様相になります。こういう場面は下手に買ってはいけません。ただ、現在はもうかなり落ちているので、現状からさらに売るのも良くありません。突っ込み売りというものです。まあ、デイトレレベルなら今日明日くらいはまだ売りでいけそうではあるのですが、110円を割れた付近で売るのはもう遅いでしょう。図のルート線のように、下落というのは初めはゆっくりと始まり、後にいくにしたがって急こう配になります。山のピークと同じです。今はかなり急こう配で下がっているので、下落のピークが近いといえるでしょう。そのピークが終わったあとは、また急こう配で回復していきます。

 

まとめると、中期的な下落傾向は変わりません。短期的にも110円割れまでは下がりそうな気配。デイトレでは今からもまだ売り狙いです。110円に到達したら、数日間リバウンドを考えて買うのはいいでしょう。もちろん底値からの買いはさらなる急落に備えた損切は必要ですが。111円半ばくらいまでリバウンドが起こったら、またそこから110円までの下落を考えて売ることになります。年末年始はこのトレードプランを考えています。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 13:55 | category: テクニカル解説 |
# 12月18日0:30時点でのUSD/JPY相場展望[売り]

USD/JPY相場は停滞が続いていましたが、またクロス円を含めて今夜から崩れ出しています。中期的な予想は前回記事で書いた通りですが、4時間足の規模で今週の展開を予測していきます。

 

USD/JPY

4時間足は乱高下が続いています。日足が弱いので、4時間足も売り側から入りたいところ。流れを振り返ると難しいポイントもありました。aの場面では、ショートは良いでしょう。ただ、RSI50%とピンクの線を超えると、ゴールデンクロスにつながって、短期的に吹き上がる展開(ショートカバー)が起きます。ですから、aで売りから入っていたらRSI50%を超えたら一旦撤退しておくべきです。

 

そのあとはゴールデンクロスしていくのですが、このテクニカル設定においては、ゴールデンクロスをする直前が一番大きく上がります。あとはそれほど上がりません。ですからクロスしたあとから買うのはもう遅いわけです。とはいえ売りから入るのもゴールデンクロス後の勢いがあるので難しい。少なくともピンク線に支えられている間は堅調になるので、売りたいのなら、茶色の線が水平になってきて、ピンクの線が下に傾いてきてからです。bの位置では茶色線を下回りまた崩れ落ちたところで、ここもデッドクロスする直前が大きく動くわけです。

 

現在はデッドクロスの瞬間で、もう少し下押しが入ると思いますが、RSI30%ではリバウンドも起こるでしょう。ただ、またもみあってから売りが重ねられていくように思います。

 

まとめると113.00付近の現在では売りが優位。112.00は直近のサポートですから、短期で売るならここがターゲット。割れると急落していく可能性があります。112.00の攻防がクリスマス前後であると考えています。年末は荒れそうな雰囲気です。

 

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 00:47 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ