「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 5月22日0:00時点でのUSD/JPY相場展望[売り]

トレードビデオ教材のお申込みを多数頂きまして、誠にありがとうございます。教材ビデオの配信状況は下の記事でお伝えしていますので、お申込みされた方はチェックしてください。今は半日以内には受け渡しされているとのことです。

 

さて、USD/JPYの展開について解説します。中期的には売りですが、前回は安値付近なので110円半ばくらいまでのリバウンドに注意と書きました。そのあと実際にリバウンドの展開になり、いましがた110.60まで回復してきています。ここは戻りで対応していきます。日足から見ていきましょう。

 

日足

日足は落ちかけていたところで一旦反発が入りました。急落してRSI30%まで来るとリバウンドがあるので要注意です。aのポイントではピンク線に乗ってきたので、吹き上がるポイント。現状は、吹き上がった直後ですが、RSI50%に到達しています。22日深夜0:00の切りのいいタイミングでこうなりましたから、ここから戻り売りを入れていきます。現状から売るメリットは、これ以上上がったらすぐに撤退ができるので、損切が小さくできることです。RSI50%や茶色線を明確に超えてきたら損切です。そうなると直近の天井112円まで戻っていくので、またそこからの売り直し狙い。思惑通り落ちてきたのならば、利益を少し伸ばせそうなところです。体感的にはここでの売りは勝率70%くらいでしょう。優位な場所です。

 

4時間足

4時間足は下降トレンドが一旦終わって盛り返す展開になりました。重要なポイントを振り返ります。aの地点は強い陽線がでました。この陽線は格が違う陽線で、下げ止まりになるものです。なぜ格が違うのかというと、茶色線の上にしっかりと乗ってゴールデンクロスを引き起こした陽線ですし、RSI50%を突き付ける場面でも出た陽線だからです。これが出たあとはしばらく上昇が続きそうな気配になるので、売りは手仕舞い。ここからは買いも検討できるのですが、ボリンジャーバンドの+2σに当たって下がることはわかるので、買うのならbの茶色線接点から狙ったり、cの場面で2σを超えて、ピンクの線に乗ってきたときに短期で狙うのがいいでしょう。そのあとdで強い陽線が出てきましたが、RSIの70%に到達。時間的な区切りとしても買いの勢いはここまででしょう。買い手はそもそもリバウンド狙いですから、ここで利食いするのが最善、そして利食い=売るわけですから、売りのポイントでもあります。様子勢はここから売りを入れるというわけです。

 

・・・とまあ毎回このブログではこういうトレード解説をしていますが、それをリアルタイムで解説しているのが教材のビデオになります。ビデオを見て頂ければ、なるほどブログでやっていたことは、こういうことかというのがわかると思います。けっして後付解説ではないのですね。まずは、チャートを見てこのようなトレードプランが考えられるようになることが大事。トレードプラン=根拠です。そして根拠が崩れたら損切をして、次の方針をすぐ立てるようになることは、もっと大事です。トレードプランは絶対の正解ではありません。人それぞれに違った根拠もあるでしょう。その根拠でトレードしても、リスクリワードを守り、損切さえしていれば勝つことはできるはずです。私の教材ビデオでヒントをつかみ、自分なりのトレードスタイルを構築して頂ければ幸いです。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 00:14 | category: テクニカル解説 |
# 教材の受け渡し状況のご連絡

下記教材をお申込みされた方用に、

教材受け渡しメールの進捗状況をお伝えします。

随時更新していますので、ブラウザの更新ボタンを押して確認してください。

 

<進捗状況>

 

23日 22時まで のお申込みで、決済が完了されている方には

受け渡しメールを送信済です。

サポートに来ている問い合わせのメールも返信済です。

 

こちらからの受け渡しメールが、

MAILER DAEMON で戻ってきてしまうケースがありました。

届いていない場合はサポートまでご連絡ください。

半日経てもサポートから連絡がこない場合は、

こちらからのメールがすべて弾かれている可能性があります。

他のメールアドレスでのご連絡をお願いします。


なお、クレジットカードの名義が異なる場合は、

クレジットカード決済時に表示される名前入力フォームに

お申込み時のお名前をご入力してください。

 

決済したのにまだ受け渡しのメールが来ていない方は、

迷惑メールボックスをご確認の上、

申し込み時のメール末尾に記載されている、

サポート宛までメールでご連絡ください。

| - | - | 10:23 | category: - |
# 6日間のスキャルピングトレードの動画を希望者に販売いたします

教材ビデオの販売を再開いたします。

 

●クレジット決済につきまして

当方契約の決済代行会社の決済システムが海外銀行の認証を使用しているため、
お客様のカードによっては、海外銀行の認証が通らないケースがございます。
お使いのクレジットカード会社の方針によって、決済が通らないケースがあります。

決済時にエラーが出る場合は、お手数ですが銀行振り込みでお申込みください。

 

クレジット決済申し込みフォーム入力のお名前と、

クレジットカードのお名前が異なる場合は、

当方で照合が取れないため受け渡しのメールがお送りできない場合がございます。

その際には、お手数ですがサポートまでお知らせください。

 

 


お待たせいたしました。

 

この前お知らせをいたしました、私の6日間のトレードを実録した
トレードビデオの教材を希望者に販売いたします。
ご希望の方は以下のサイトから、ご購入ください。


 

教材販売サイト


http://homing-fx.com/6days

 

 


お申込み後、1日以内に商品をお渡し致します。

 

お申し込みの際には、メールアドレスがお間違いないようお願いいたします。
メールアドレスが間違っていると、お渡し方法のご案内が届きません。
届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。


また、今回の教材には、読者様に感謝の意を込めて、
私が夏ごろを目途に発売する予定の新教材
「トレードの本質」の先行割引購入権をつけさせて頂きました。


今回のビデオ教材は、このブログ読者限定販売にさせて頂きました。
このブログを今、ご覧の方のみにお知らせをしています。
DMメール等などでお知らせはしておりません。
よって、ごくごく限られた方へのシークレットなオファーになります。

どうぞ、ご参考にして頂ければ幸いです。


千草より

| - | - | 15:55 | category: テクニカル解説 |
# ブログ読者様限定で、希望者にリアルトレードの解説動画を販売します

お知らせなのですが、

 

5月19日 日曜(予定)から、このブログをご覧になっている方限定で、

この前のトレードの様子を録画した3時間程度のトレードテクニックの

解説動画を希望者に販売したいと思います。

 

これは夏ごろにインフォカートで発売する予定の新教材のプレ動画も兼ねています。

ご希望の方は19日以降にブログをチェックしてください。

 

千草より

 

※追記 19日18時頃から公開します。

| - | - | 15:27 | category: - |
# 5月9日12時時点でのUSD/JPY相場展望[様子見]

お知らせなのですが、来週にこのブログ読者様限定で、この前のトレードの様子を録画した3時間程度の動画を希望者に販売したいと思います。これは夏ごろにインフォカートで発売する予定の新教材のプレ動画も兼ねています。ご希望の方は来週末頃ブログをチェックしてください。

 

さて、USD/JPYの動向ですが、これまでの記事で書いたようにダブルトップ展開になりつつあります。今後の動向を日足から見ていきましょう。

 

日足

日足は112円が天井ラインとなって下がってきました。前回書いたようにダブルトップの形になりましたね。現状は、ダブルトップの途中であり、ネックラインと呼ばれる赤線の攻防になっています。112円から110円まで2円落ちてきたわけですが、このネックラインを抜けると、さらに2円落ちて、108円まで下がっていくようになります。よって、中期的な展望としてはそこまで売り検討になります。ただし、RSIも30%に到達しているため、短期的にはこのラインで半月くらいもみあってから落ちるかもしれません。現状から売るのは、遅いといえるでしょう。今から入るのなら、赤線を割り込んでから売るか、あるいは1円くらい戻したところで売るべきです。一方で赤線やRSI30%から買うのはどうか? 買っても別にいでしょう。ただし、この場合は赤線がサポートという根拠から買うので、割れたら撤退しなければなりません。

 

4時間足

4時間足は完全な下降トレンドです。ジリジリ落ちてきているので、最後に強い陰線が出そうではあるのですが、日足で引いたサポートライン付近です。こうした強いラインのところでは急な変動が起こりやすいものです。図のような一時的な急騰が起こりやすいでしょう。それが起こったあとは、叩き売られる展開になると思います。ですから、現状から売るのはリスクであり、茶色線辺りまで戻るのをまってから、戻り売り狙いがベターとなります。買うのはどうか? 先ほども書きましたが、赤線をサポートという根拠で短期で少しのリバウンドを狙って買うのはいいでしょう。ただし、根拠がなくなったら撤退しなければなりません。

 

まとめると中期的には108円くらいまで落ちそうな気配。しかし、短期的には110円半ばくらいまで戻ることを考慮して、戻り売り狙いとなります。

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 12:06 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ