「FX意識改革」ブログ

 2009年から専業トレーダーになる方法を真面目に解説しています。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 9月15日7:00時点でのUSD/JPY展望 [様子見]

USD/JPYは今週後半にやや上げてきましたが、まだ不鮮明なレンジの範疇にあります。

 

日足

日足はボリンジャーバンドの+2σ接点にあります。やや飛び出してきたのでaのような急騰はありえるわけですが、全体的に不明瞭なレンジですから、折り返しで失速も十分あり得ます。この状態からの仕掛けどころとしては、急騰した場合はaは前回高値だし、RSI70%に到達するのでここからの売りは優位でしょう。現状から買うのはどうか? あまり買いたくはありません。この上の週足も不明瞭なレンジですし、むしろ仕掛けるとしたらまだ売りかと思います。ただ積極的に売り買いしたいチャートではありません。

 

4時間足

 

4時間足の仕掛けどころを振り返ります。前回チャートからは一段高の形になりました。aではボリンジャーバンド+2σの壁を意識して売りは良いです。狙うところでしょう。ただ、bで茶色線に支えられました。支えられた時点で少々の利食いで逃げる手段もありますが、私ならまだ持つとこです。茶色線が平行になっているのでサポート力は弱いままだからです。しかしながら、そのあとはcでピンク線の上に復帰してきて大きな陽線が出ました。aで売り仕掛けしたあとはbまで落ちているわけですから、ここで損切ラインを下げて損を失くす判断はやっておきます。その後、cの突き上げで損切ラインにかかり、ここは思惑通り下げ切らずにプラマイゼロで仕切り直しという感じです。

 

・・・というように、トレードはこんな感じで状況が悪くなったらすぐ撤退して仕切り直していくわけです。そもそも撤退ラインにかかるということは予想とは違う動きになったということです。「弱くなりそうだから売ってみたら、あららいつの間にか上がっていた!どうしよう!」というのは、トレードではないのですね。状況が変わり出したら仕切り直していく。また次の仕掛けどころを考える。その作業の永遠の繰り返しです。ちなみにcの突き上げでRSI70%にタッチしましたが、そこから売るのはどうか? 売ってもいいでしょう。実際に陰線が出てやや停滞しています。しかし、ピンクの線に支えられだした現状で、やはりプラマイゼロで撤退して仕切り直すべきです。

 

さて、仕切り直しですが、cから買うのは難しいです。まあデイトレなら買いなのですが、4時間足ではまだ買える状況ではありません。赤線のレジスタンスを上に抜いているので、このあとピンクの線に支えられてジリジリ上がるのなら、また吹き上がりを考えて買い検討はしますが、反対にピンクの線を割れてきてまたサポートとなった赤線を割れてきたら、再度売り検討になるでしょう。

 

まとめるとUSD/JPYはまだ全体的にレンジを脱し切れていません。上値が重くなり出したらまた売り検討したい場面です。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 07:45 | category: テクニカル解説 |
# 9月10日13:00時点でのUSD/JPYの展望 [売り]

USD/JPYは雇用統計が終わって停滞しています。以前として上値は重い印象があります。

 

通貨全体の傾向ですが、ドルと円は2強で強く、ついでポンドとユーロが強い状態です。弱いのは何かというと、オージーやニュージーランドです。ですので、ドルストレートやクロス円は下がりやすい傾向があり、特にAUD/USDやAUD/JPYなどは、強く下がりやすい傾向にあります。USD/JPYはどうかというと、ドルも円も強いわけですから、レンジ状態です。ただ、若干円が強いと感じています。

 

日足

日足はレンジが続いています。先月後半より下がってきているので、上値が重い印象があります。今は-2σに支えられています。このボリンジャーバンドの2σ線を超えてくると大きく動き始めるでしょう。年末に向けて大きな動きがあると考えています。一旦は下側かなと思いますが、レンジ直後に強い動きが出たあとは、しばらく大荒れになるので要注意です。

 

4時間足

4時間足は前回解説記事はaの位置で、売りの頃合いと書きました。ここは想定した形で急落をして、bでは-2σタッチで一旦盛り返していますが、aの位置がレジスタンスラインとなったことで、cでまた叩かれています。+2σがあるのでやはり重いところです。そこからまた急落していますが、要はレンジ相場ということです。dではRSIが30%に来たので買い戻されました。

 

さて、現状はその買戻しも一息ついたところで、上値が重くなってきたところです。とはいってもレンジ相場の傾向ですから、もう一段高はあるでしょう。しかし、全体として上値は重い印象なので、上がったところでまた売りがかぶされてしまいます。こういう相場での狙いどころはまた高値に来た時に売るのが最善。まあ、あまり反発はせずにジリジリ落ちていくのではないか・・・と思っています。そうしたジリ下がりが来た時は、4時間足では仕掛けにくく。1時間足以下で下降トレンドを半日くらいのスパンで捕まえにいくといったところでしょう。

 

まとめるとUSD/JPYの上値は重い印象。突発的に強い陽線が出てくるようなら別ですが、現状ではジリ下がり傾向にあるので、方向性としては売り目線でしょう。

 

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 13:12 | category: テクニカル解説 |
# 8月30日11:30時点でのUSD/JPY展望 [売り]

USD/JPYの動向ですが、もみ合いの相場が続いています。今朝方そろそろ下がりそうな気配がありました。

 

日足

日足は図の○で囲んだところのデッドクロスの影響が続いています。一旦下がりましたが、-2σ付近で粘って揺り戻しが起きました。現状は+2σ接点でまた下方向の揺り戻しが起こりやすい場面です。デッドクロスが起こると、たいていは初動は下落し、-2σ付近で一旦反発をして、また上がったところで売りがぶり返しやすくなります。この上の週足が上昇トレンドであれば、ここのチャートは売りではなく買いなのですが、月足も週足もレンジのようなもみあいですから、揺り戻しが起こりやすいと判断して、売りを検討していきます。

 

4時間足

4時間足のポイントを振り返ります。aの場面では茶色線が下向きから水平になり、ゴールデンクロスが起きました。aの前の場面では売り選択でよいのですが、a時点で売りは手仕舞いします。全体的には売り目線で良いのですが、aの状態になったら一旦吹き上がりがくるので、それが収まってから売り仕掛けをするのが得策です。a時点でドテンして買いに変えるのは、デイトレレベルでしたらよいでしょう。bの時点ではRSI70%に到達したので売り狙いはいいでしょう。しかし、なかなか下がらない時間が長くなり、cの場面で茶色線に支えられたところでb辺りからの売りは、やはり手仕舞いです。cからの買いは良いでしょう。現状は急騰した場面ですが、再びRSI70%に到達したので、買い手は手仕舞いし、また売り狙いという所です。

 

まとめると、USD/JPYは乱高下の相場です。最近は粘り強く展開していますが、今日あたりから崩れるのではと考えています。再び売り仕掛けでいきます。

 

※チャート設定はアドバンスドホーミングFXに基きます。
(当ブログで紹介しているボリンジャーバンド等はこの教材独自の設定なのでご注意ください

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

| - | - | 11:37 | category: テクニカル解説 |
# FX上達のヒント 相場は「急転」するものだと考えて常に対応していく

トレードで勝てるようになるには、どうすればいいのか?

私はそれを第三者にわかりやすく伝えたいと常々考えています。


最近、思うことは、相場というのはとにかく「急転」するものだということです。

平温なときなど皆無で、「急転」するのが相場の本来の姿なのです。


よって、トレーダーは「急転」する相場に常についていかなければならない。

「急転」する相場に対して、リアルタイムで決断をしていかなければならない。

決断とは、エントリー、損切、利食い、様子見の4つです。


この中で特に損切の決断が難しい。


いままで上昇トレンドだったのに、いきなり大きな陰線が出て危うくなった・・・

という経験は誰にもありますが、

この「急転」のサインが出た時点で、ロングは手仕舞いです。

 

たとえ、すぐにリバウンドして上がっていったとしても、危うくなった時点で撤退が正解。

トレードは、思惑通りにいっているときはキープする。危うくなったら撤退する。

思惑通り満願な利食いができることは稀です。

トレードしていれば、ほとんどが微損や微益の成果があまり出ないトレードで終わります。

「急転」する相場に対応していくとなると、そうならざるをえません。


機敏な利食いや損切。

それを可能にするためには、自分の手に負えるロットでやらなければならない。


そして、「急転」を捕えるには、デイトレなら常時のチャート観察が必要。

席を離れなければならないときは、

利食いや損切注文を置くか、その場で手仕舞いして終了しなければならない。

 

世界中のトレーダーが相場の「急転」に合わせて方針を変えるのだから、

自分だけが相場から離れていては、たちまち置いてきぼりになるのは当たり前。

置いてきぼりになった時点で、トレードは破綻。

トレーダーに主導権はなくなり、以後相場の運任せに陥る・・・


相場が「急転」する様は、サッカーのドリブラーを想像してみるといいでしょう。

ボールを持った相手に対して、一瞬でも目を離してはならない。

離した瞬間に逆方向に切り返されて抜かれてしまう。

だから、ひたすら食らいつく必要がある。

ひたすら食らいついたのちに勝機が生まれるタイミングがある・・・


どれだけのトレーダーが相場の「急転」に対応できているだろうか?

 

ほとんどの人は利益が出て油断し、

あるいは損失の現実から逃れるため、相場から目を離す。

それはボールを持った相手に対峙しているのに、目をつぶるのと同じこと。

つぶった時点で、トレードは実質的にゲームオーバーだ。

 

相場は「急転」するものと考えて、対応を続けなければいけない。

 

今日も明日も明後日も・・・

 

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 

| - | - | 19:22 | category: FX上達のヒント(コラム) |
# 8月17日(金)16:00時点でのUSD/JPY展望 [売り]

本記事以降、記事を書いている時間はタイトルに示す事にいたしました。

 

USD/JPYは想定内の値動きで、弱含みでずっと推移しています。これからもしばらく弱いままでしょう。

 

4時間足

4時間足は110円近辺まで下げたあとに急回復しましたが、ボリンジャーバンド+2σにぶつかってまた売り込まれています。今は持合いのレンジになっています。チャートから感じるのは、丸で囲んだところに重い空気があることです。このチャートは中央から左はずっと売り込まれていましたから、多少上がったとしても、ロングで塩漬けになった人たちがポジションを解消していくわけなので、売りが強まってくるのはわかります。となると、黄色のルートで次第に弱まっていきそうです。この状況からはトレードするのは難しいところです。1週間くらいのやや長いスパンで売り続けないと利益が出にくいと思います。

 

1時間足

1時間足もレンジで、かなり小動きの状況。MAもボリンジャーバンドも蛇行しています。不安定なレンジ相場でしょう。このチャートから仕掛けるタイミングはありません。ただ、1時間足がこのような拮抗状態のときは、5分足レベルでRSIで逆張りしていけば20pips程度を狙うことはできるでしょう。やるとしたら5分足レベルでのデイトレでしょうか。

 

今日は週末でまた弱まりそうな気配はありますが、夕方から夜にかけて売って、その日のうちに利食いという感じでしょうか。それかスイング前提で長く持つかでしょう。

 

※ご参考になったら押してあげてください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 

| - | - | 16:11 | category: テクニカル解説 |
アーカイブ
プロフィール
そのほか
サイトサーチ